NPO法人 こぴすくらぶ

2010年4月アーカイブ

新規作業現場の確認視察

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月24日は今年度新規に手がける作業現場の視察を全員で見て回りました。

境界線の確認や目標とする林型、そのために必要な作業内容などにつき確認を行いました。

特に放置竹林現場は人が入り込めないほど密集しており、これを全伐していくのは大変な作業になることを想像しました。

どの現場も粗大ごみが放置してあり、まずごみかたずけから始めることわ大変悲しい現実です。

しかしすでに整備した新緑の里山に差し込む光を見ると力をもらいます。(tom)


s-F82F0E9F.jpg 

平成22年4月17日船橋市北部公民館においてNPO法人こぴすくらぶの通常総会が開かれました。総会は日ごろご指導やご協力をいただいているかたがたからご挨拶をいただき、会員の過半数の出席により総会は成立し、議案が審議されました。

すべての議案が原案どうり承認され、こぴすくらぶも6年目に入りました。作業の安全優先を再確認し閉会いたしました。昼食をとりながら新会員の紹介もおこなわれ平成22年度がはじまった。(tom)

)BD64EAD5.JPG CA9CABE4.JPG

2010年4月8日 定例作業

| コメント(6) | トラックバック(0)

この日は、11号地の植林を始める前に道路際の立木を除伐することが予定されていました。この敷地は我々が整備に取り掛かる前は孟宗竹が密集していたので、道路際の広葉樹は道路に覆いかぶさるように枝を伸ばしています。中でも一本のクヌギは太い幹が道路の上に張り出しているので敷地内へ伐倒しなければならないと考えましたが、枝の先が電線に掛っています。まずはこれら電線にかかっている枝を取り除かなければ危険なので、東電に連絡して伐ってもらうことにして連絡したところ、午前中に二人の職員の方が確認に来てくれました。

a1-CIMG0609+3.jpgそして、この日の午後には、先ほど確認に来られた東電の若い職員さん二人が、今度はリフター付きの作業車で駆けつけてくれ、道路に落とした枝をすぐに片づける我々のメンバーと連携して問題の枝を切り払ってくれました。即日に対応していただいたのでとても助かりました。

b1-CIMG0646+3.jpgこのようなケースでは、電線に掛っている部分の小枝のみ処理するのが通常の決まりとのことでしたが、この後の我々の作業内容を説明し、切り落とした大きな枝もメンバーがすぐに取り除けることや作 d1-CIMG0659.jpg業中の道路の交通整理もお手伝いさせてもらうことを話して、伐倒時に支障のない範囲までの枝を特別に切り落としてもらいました。東電の若い職員の方の迅速な対応、そして理解ある作業態度にとても感謝した一日でした。

 

枝落とし作業が午後遅くまでかかったので、クヌギの伐倒は後日となりましたが、この間に女性メンバーが植樹の位置決めの準備を進めていたので、次回には植林も開始できる状況となりました。(ks)

c1-CIMG0655+3.jpg

先月から、ホームページのカレンダーに

平成22年度の活動スケジュール(予定)を掲載しておりましたが、

日程を一部訂正しましたので、確認をお願いします。

→ http://coppice.main.jp/calender.html

 

なお、

4月17日(土)

 午前11時から第6回定期総会の開催(場所:北部公民館)

4月22日(木)

 今年の新規箇所を全員で巡回(午前9時県民の森駐車場集合)

の予定です。(fws)

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!