NPO法人 こぴすくらぶ

2010年5月アーカイブ

2010年5月26日 定例作業

| コメント(722) | トラックバック(0)

5月になってから3回目を数えた、11-2号地の下草刈りと除伐の作業がこの日の午前中で終了しました。幹線道路側は笹が繁茂、奥の方は下層常緑樹や竹が茂り、境界木に枯れ木が多い状況でしたが、それらを取り除いた結果、見通しの良い森林になってきました。a1CIMG0336s+2.jpg

午後は近くの13号地に移り、そろそろ茂ってきた雑草の刈り払いを実施。道路際に沿って竹で作った柵の周辺と雑木の植林地内の下草刈りを終了しました。(下の写真、上段が作業前、下段が刈り払い作業後の状況を示す)b1CIMG0346s+6.jpg

e1CIMG0366s+3.jpg  嘗て13号地の幹線道路側は孟宗竹が茂っていた場所ですが、それらを伐採して整備した場所で 2008年3月15日に植樹祭が開催され、30名の参加者によってコナラ・クヌギ、そして敷地内道路の両側にはケヤキの苗木が植えられましたが、それから2年2カ月、その時の苗木はかなり大きく育ってきました。(ks)

f1CIMG0372s+2.jpg

 

手打ち蕎麦を食す

| コメント(546) | トラックバック(0)

CIMG0200s.jpg5月13日の定例作業は、午前中で作業を終了し、全員が公民館へ移動して打ち立てのお蕎麦を御馳走になるというサプライズがありました。メンバーの一人で蕎麦打ちの名人という噂の彼(蕎麦打ち歴10年というベテラン)が、我々が作業している間、公民館の実習室で一人で大盛り18人分の蕎麦を打っていてくれたのです。竹の蕎麦猪口、女性メンバーが作ってくれた「こぴすくらぶ」の名入りの箸袋となかなか凝った演出です。手製の蕎麦ツユと打ち立ての冷たい蕎麦は、期待通り美味しかったです。全員食べ終わって満足したところで、蕎麦打ちの実演をしてもらいましたが、その技に改めて感心した次第です。以下に、蕎麦打ちの様子を時系列に並べてみました。(ks)

CIMG0226+15.jpg

2010年5月6日 定例作業

| コメント(878) | トラックバック(0)

この日は、6号地NO.2ブロックの3回目の作業。新しい作業場所に来ると、決まって林内のゴミ集めから取り掛からなければならないのだが、2回目の作業時に、またまた沢山のゴミが出てきました。林縁はポイ捨ての缶やペットボトルが多いが、林の中の方には大型の廃棄物が多く捨てられています。金庫や内装工事の残材など、悪質な業者の廃棄物が後を絶たないのは社会的な問題ですが、モラルだけでは解決できないのも現状です。今回も道路際に集めたゴミを市の収集車に引き取ってもらいましたが、森が荒れていなければこれ程まで平気で捨てていけないだろうと期待しながら今日も森林整備作業を続けています。

CIMG0143s.JPG

<NO.2ブロックの目標林型と整備方針>

神社と湧水がある。地番内に常緑樹林と落葉樹林があり植生が豊かなことから、「目標林型」=生物多様性保全を目的とした社寺林とする。「整備方針」=常緑樹と落葉樹林に分けて整備する。<常緑樹林>実生のスギ、サワラなど針葉樹を残す。<落葉樹林>常緑の低木シラカシ、アオキ、ヒサカキ、シュロ等は除伐。常緑樹林、落葉樹林ともテープがないのは除伐。(刈払機で切れるもの)。枯木、欠頂木、倒木の処理(チェーンソー)04-CIMG0122ss3+3.jpg

晴れて汗ばむ陽気となったが、この日の作業でNO.2ブロックも終了となる。次回はNO.3ブロックの予定。(ks)

 

ツリバナ

| コメント(149) | トラックバック(0)

NO6-3 山地に生える「ツリバナ」に出会う、低木なので暗い森の中では目立たず、ひっそりと

可憐な花を咲かせていた、今日は常緑の木を伐って明るくなった森に誇らしげに咲いていました。(ay) s-100513 ツリバナIMG_0011.jpg

サワフタギ、

| コメント(804) | トラックバック(0)

NO6-3 常緑の木を伐り明るくなった森に姿を見せた花。

「サワフタギ」 白い花は秋にはルリ色の実をつけてくれます。(ay)

s-IMG_0009.jpg

2010年4月29日 定例作業

| コメント(288) | トラックバック(0)

  CIMG0129s360a2.jpg5月に入り、木々の若葉が芽生えて、森は新緑の美しい季節になりました。4月29日からは平成22年度の最初の作業予定地、6号地の森林整備に取り掛かりました。事前に植生調査した計画部から提案された「目標林型」と「整備方針」により作業開始。6号地の森林は連続する森だが、地形的に3ブロックに分かれているため、NO.1~NO.3までの目標を個別に設定して整備することになりました。

 

 [4月29日-NO.1ブロック/NO.2ブロック]

<NO.1ブロックの目標林型と整備方針>

レクリエーション施設と居住区、畑に隣接、良質のスギがある等から、「目標林型」=景観保全と木材生産を目的とした針広混交林とする。「整備方針」=竹と森を暗くしている常緑樹は除伐(刈払機で切れるもの)、枯木、欠頂木、倒木の処理(チェーンソー)。

この日は休日で天気もよかったので、新規加入のメンバーも加えて25名と多数の参加があったため、NO.1ブロックの他に、午後からはNO.2ブロックまで作業を進めることができた。(下の4枚の写真は、NO.1ブロックの様子。右下は、計画部から作業内容の説明を受けるメンバー)

 

01-CIMG0087+2+2.jpg 午後からは、NO.2ブロックの作業に取り掛かる。(下の4枚の写真の左下は作業前の状況。右下の右側の森が整備作業が進められて明るくなってきた林内の様子)

05-CIMG0098+2+2.jpg

5月に入っても6号地の整備が続いています。NO.2ブロックの「目標林型」と「整備方針」は、次回にご紹介します。(ks)

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!