NPO法人 こぴすくらぶ

2010年6月アーカイブ

NO23 植生調査中、見つけたハグロトンボ、アオスジアゲハの幼虫s-100623NO23 アオスジアゲハの幼虫 IMG_0204.jpgです。

暗い森の中で夏を見つけました、アオスジアゲハの幼虫は暗い森でもよく育つ

シロダモを餌に脱皮をしながら大きくなります、次の脱皮では頭に鉢巻が見られるかも。

クスノキやタブノキも餌にします。(ay)

 

 

 

 

 

 

 

 

s-100624 ハグロトンボIMG_0211.jpg

ハグロトンボ

千葉県では、毎年「里山シンポジウム」という催しが開催されていますが、7月3日(土)に行われる分科会の中で、当会の吉田初子計画部長がこぴすくらぶの活動状況について発表することになりました。詳細は下記ホームページを御覧下さい。

第7回農業分科会チラシ3 _2_.pdf (PDFファイル)


話は変わりますが、先日の計画研修の中で「生物多様性の森づくり」とはどんなものかという話題がありました。
生物多様性といっても「遺伝子」「種」「生態系」といくつかの目的があり、その目的によって、森づくりの考え方も異なります。

こぴすが活動を行っている船橋市は都市化の進む地域であり、希少な遺伝子や種の保存というよりは、現存する都市近郊林の生態系を守っていくことが重要であるように思います。

で、この「生態系的な生物多様性の森づくり」のためには、単一でない「変化に富んだ森」を目指す必要があると思います。このためには、ビオネストを作ったり様々な苗木を植えるというのもひとつの手段ですが、こぴすくらぶの整備の基本は「伐採による光の管理」です。

この光の「明暗」にうまく変化を付けた森づくりができれば、「生物多様性を目的とした森」としての森林整備プランが作れるのではないでしょうか?
ただ、この変化の付け方をパッチワーク型にするのか、バームクーヘン型にするのか、またどの程度変化の差をつければよいのか、色々考える必要がありそうです。

ちなみに6月27日(日)東京の高円寺にて「生物多様性と森づくりシンポジウム」というものが開催されるようです。(参加費1000円 要申込)

http://www.moridukuri.jp/view.php?DU=info&DD=info_201005150002

上記の里山シンポジウムと併せて興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?(fws)


2010年6月7日 定例作業

| コメント(808) | トラックバック(0)

暑くなるとともに雑草の勢いが増してきて、いよいよ下草刈りに追われる季節となりました。この日は31号地に集合して植林地の刈り払いを実施しましたが、ここの敷地は広いので二組に分かれて作業を進めました。成長の遅い苗木が雑草に埋もれて枯れている姿もいくつか確認しました。まだまだ苗木が雑草に負けぬよう、手を掛けてあげなければならないようです。                (下の写真、左側は作業前の状況。右側は同じ場所を下草刈り中の様子です)CIMG0432+2.jpg

 ところで、31号地の大部分は竹が密集し、周辺はアズマネザサが茂っていて林内に入るのも困難な場所でした。竹林の一部を残して伐採した跡地には、翌年(2008年4月)にクヌギ、コナラを植林しました。(下の写真は、作業に取り掛かる前の荒れた林の外観と現在の様子を比較したものです) (ks)

[2007年9月15日]                                     31号地(私道の左側)の竹林伐採作業に取り掛かる。中は竹が密集して暗い。

P1004003+2.jpg

 [2010年6月7日]                                        現在の31号地(私道の右側)は密集していた竹がなくなり、植林した苗木が並ぶ明るい場所になっている。

CIMG0427+2.jpg

 

こぴすくらぶでは,「計画」「整備」「管理」の

三つの部会により会の活動を行っています。

 

体を使う作業にくらべ,頭とパソコンを使った計画の作成については,

皆さんまだまだ不慣れな部分も多いので,

計画部会では,森林整備の基本となる「森林整備プラン」の

作成について研修を行いました。

 

今回は,3つの班に分かれて

「目標林型」を定めたNo.6について

指示通りに作業が行われたか現地確認を行いました。

参加した会員からは日々の活動の中の様々な疑問が出されましたが,

船橋のような都市近郊林の森林整備には

なかなかこれといったモデルになるものがありません。

色々考えて試行錯誤しながら計画を作っていく必要があるように思います。

 

午後は北部公民館で補助金の関係の書類の作成を行いました。

面倒で面白くない作業ですが,こういったデータの蓄積を

今後の計画の作成に生かしていくべきかと思います。(fws)

 

rSA390002.JPGrDSCF4258.JPG

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!