NPO法人 こぴすくらぶ

2012年6月アーカイブ

2012年6月の定例作業(二)

| コメント(151) | トラックバック(0)

 P1017957.JPG

 6/14の作業は15号地・24号地・31号地の下草刈り、25号地の植生調査と4ヵ所に分かれて実施しました。(写真)は、24号地の下草刈りの風景ですが、ここは太く高い孟宗竹が密生していた場所で、それらの竹林を皆伐し、切り払った竹林の後に残った雑木も除伐して整備した後、ヒノキとスギを植林した場所です。この植林地の下草刈りは先週に続いて2回目となりました。

(参照)竹林の伐採作業は、2010年10月の記事に、竹を切り払った後に残った雑木の除伐と薪作りについては2011年2月の記事に掲載していますので、左の欄にある「月別記事」を参照ください。(ks)

P1017931+5.jpg

  24号地の下草刈りが予定通り早く終わったので、午前中に3号地に移動する。この場所は2006年3月に抵抗性アカマツを2,500本植林した場所です。苗木が小さい頃は敷地の奥まで見通せたのですが、6年経過した現在は抵抗性アカマツも順調に生育したためアカマツ林の姿になりつつあります。毎年何回かの下草刈りを実施して大切に育ててきました。この場所は、植林する前はアズマネザサとクズに覆われていたのですが、植林後もクズの勢いがすごくて手を焼いてきた経緯があります。今年も、下草刈りとともにアカマツを覆ってしまう程のクズの蔓切りが必須となっていますが、まずは植林地へ入る道路際に茂っている雑草の下草刈りから取り掛かりました。(下の写真)

P1017959.JPG

 道路側には、植樹祭の参加者に配った際に余ったツバキの苗木を植えておいたのですが、あまりの雑草の勢いに負けてしまったのか(下草刈り時に切ってしまったものもありそう)僅か2本が残っている状態でした。

P1017965+5.jpg

  31号地の下草刈りが済んで合流したメンバーも加わり、道路側の下刈りが終わるといよいよ抵抗性アカマツ林の刈り払いに取り掛かかりました。アカマツの幹は、手で握れないほど太くなっているものもあります。枝が張って中に入りにくくなった頃に一度下枝払いをしているので、それ程雑草は伸びてこないと期待していましたが、日当たりがよいせいか旺盛に茂り、クズの勢いも衰えていませんでした。この敷地は広いので、しばらくは、下草刈りとクズの蔓払いに追われることと思います。(ks)

P1017971+2.jpg

 

2012年6月の定例作業(一)

| コメント(1107) | トラックバック(0)

CA3I0266.JPG

 6月になって13号地の下草刈りを実施。道路側のエリアと敷地の奥のエリアの2グループに分かれて作業を進めました。上の写真の右下側は下草を刈った状態、左上側はこれから刈り進む場所を撮ったものです。作業の効果がよく表れていると思います。

 今回の写真は全て道路側の植林地の下草刈りの状況を撮ったものですが、元々この場所は竹林だった場所です。2007年2月末~3月初旬に竹を皆伐して、翌年の2008年3月15日に「植樹祭」を開催して広葉樹を植林しました。なので、この場所の木々は植えてから4年経過したことになります。膝丈くらいだった苗木が背丈を超えるほどに成長しました。(ks)

CA3I0264+2+2.jpg

 ≪アーカイブ≫archives--------------------------------------------------------------(ks)

[13号地道路側エリアの以前の風景]

[1] 2007年2月26日~3月12日の間に竹の伐採作業を3回に亘って実施。南東に隣接する民家の塀際に密集する竹は、安全を期してロープで引きながら伐採する。(下の写真)

070312-1a+4.jpg

[2] 2008年3月15日に「植樹祭」 を開催してこの場所に広葉樹を植林しました。当日は子供を含む男女30人の参加者によって南西エリアにコナラ、中央エリアにはコナラと一部クヌギとヒノキ、南東エリアにクヌギ、進入路沿いにケヤキが植栽されました。3班に分かれた参加者には、1時間ごとに交代で椎茸菌の駒打ち体験を実施、自分で打ったホダ木を持ち帰ってもらいました。(下の写真)

P1004805+2+2.jpg

2012年6月のタイトル画

| コメント(162) | トラックバック(0)
 6月は梅雨の季節、しとしとと小雨が降り続くイメージがあります。「こぴすくらぶ」では、朝から雨が降っている予定日は森林整備作業を中止としています。  作業を始めて途中から雨が降りだした場合、小雨程度なら以前は合羽を着てしばらく作業を続けたこともあったように思うのですが、最近は中止して終了ということがほとんどです。今年は特に、先月頃から天候の急変が多くて、黒い雲が湧いてきたと思ったらピカピカ&ゴロゴロと雷の音が響き、突然に豪雨が襲ってくるという日が連日のようにあり、戸外で作業する身にとっては危険な天候が多発しているのが気掛かりです。(ks)
 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!