NPO法人 こぴすくらぶ

2012年12月アーカイブ

森林(もり)の四季

| コメント(172) | トラックバック(0)

 こぴすくらぶのブログをご覧いただいている皆さんに、春夏秋冬の四季を感じていただこうと、毎月のタイトル画を変えてきましたが、早いもので3年が過ぎようとしています。こぴすくらぶは森林整備のボランティア団体なので、森の風景だけで季節を表現したいという思いで始めましたが、毎回四苦八苦の連続でした。今月分を更新してホットしたのも束の間、あっという間に翌月が近づき慌てて準備することの繰り返しです。もう限界かなあーと弱気になる度に、森林のことを思ってくださる方のことを思い浮かべて続けてきました。そんな気持を込めた2012年のタイトル画、年末にあたって改めて今年の12枚をまとめてみました。(ks)

2012_calendar.jpg

2012年12月の定例作業(二)

| コメント(184) | トラックバック(0)

 こぴすくらぶの森林整備も、12月20日(土)の31号地における伐採と植林の下拵えで本年の作業を終了しました。この日は快晴の青空、冷え込む予報にもかかわらず太陽の日差しのお蔭で寒さを感じない程気持ち良い一日でした。

 この1年、大きなけがもなく全員無事に過ごせたことが何よりでした。作業後には、いつも以上にチェーンソーの掃除を入念に済ませて新年を迎える準備をし、お互いご苦労様でしたと声をかけて解散となりました。(ks)

A2P1019174.jpg

2012年12月の定例作業(一)

| コメント(751) | トラックバック(0)

01-121213-3a.jpg

 31号地の皆伐作業が始まっています。31号地は広い敷地なので皆伐といっても今回はその一角です。全員で伐採する境界を確認した後、敷地内を横切る小道を挟んだ北側のエリアのスギとシラカシ、クヌギ、イヌシデなどの雑木の伐採作業を進め、大きな雑木は30cmに切って薪用に集めています。(ks)

02-P1019158.JPG

03-P1019087.JPG

  小道の南側は、隣接地までの伐採をすでに終えています。ここでは、境界際に残っていた竹の伐採を進めました。嘗て、小道の両側には竹が密集していて暗く見通しのきかない場所でした。その竹林を伐採した後には病んだスギや光を求めて上へ上へと伸びた雑木が表れてきましたが、それも伐採して明るい広々とした姿となったのが現在の風景です。

04-121210-2a.jpg

 今回伐採を進めているエリアを含め、小道を挟んだ南側の敷地には、所有者の希望でスギの実生の苗を植える予定です。なので、北側の伐採作業と並行して植林に備えて、位置決めのための竹棒の設置が南側から始まっています。春に向けて、31号地の森林再生に向けての一歩が始まりました。(ks)

05-P1019155.JPG

06-P1019166.JPG

2012年12月のタイトル画

| コメント(788) | トラックバック(0)
 深々と冷える冬の夜の森。暖をとる仲間たちを照らす焚火の傍らには、モミの木のクリスマスツリーが揺れ動く焚火の黄色い灯りに輝いています。そんな12月の風景を、願望を込めて想像してみました。(ks)
 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!