NPO法人 こぴすくらぶ

愛称「ピンクレディ」の「エンジン動力付き牽引車」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 過日、参加者全員が集合した42号地の林内で、「ピンクレディ」を使用した伐採作業の実演が実施され、動力付き牽引車の使用方法を全員で見て確認する機会が設けられました。

 こぴすくらぶ では、愛称を「ピンクレディ」と呼んでいる「動力牽引車(エンジン付き)」を、2007年4月に中古で購入しました。これは、牽引装置のワイヤーで太く重い丸太を林内から引き出したり、伐倒時の掛り木を引き倒したりすることが出来る上に、エンジンでキャタピラーを駆動して林内を自走して移動できP1018357s+1.jpgる便利な機械です。購入した当時は、軽トラックに積んであちこちに分散している森に運び、間伐作業に大いに活躍しました。しかし、最近はほとんど倉庫の中で待機状態が続いていました。理由は、軽トラックで現場まで運ばなくてはならないことでした。1台しか所有していない軽トラックには数多くの刈払機やチェンソーなどの作業道具を積むために、木製の荷棚を取り付けています(左下写真)が、最近は作業道具も増えているのに、「ピンクレディ」を運ぶためには一旦荷棚を取り外して運んだ後に(左上写真)又荷棚を取り付けて多くの作業道具を積み込まなければならず、短時間で全ての道具をその日の作業現場へ運ぶ上で大きな負担となっていたからです。(ks)

No.1-P1019784.jpg

 そんなところに、この「ピンクレディ」を購入したいという団体が現れました。最近の伐採時の掛り木の処理ではチルホールを使用して処理することが多く、我々の作業では「ピンクレディ」の出番はほとんどありませんでした。そのため、このまま倉庫で眠らせておくよりは、欲しいと言っている団体に売却した方が良いのではと理事会で検討され、決定されました。ただ、クラブの全員がこの「ピンクレディ」を使って作業する現場を経験した訳ではないので、売却する前に多くのメンバーに見ておいてもらおうということになり、42号地で動力牽引車を使った伐倒作業が実施されました。

(上の写真)は、軽トラックから降ろして、林内の作業場所に移動している様子。

No.2-P1019800.jpg

(上の写真) は、伐採に際してワイヤーで引きこむ位置に「ピンクレディ」を設置したところです。ここまでは、移動するために図で示した操作レバーを使って運転しています。

(下の写真)は、伐倒に際して、「ピンクレディ」を立木などに渡したワイヤーで固定し、ウィンチで引く際の本体の位置を確保した後、伐採する木にワイヤーを掛けて引くウィンチ(牽引機)の部分の操作レバーを示しています。走行およびウィンチとも同じエンジンで稼働します。

No.3-P1019801.jpg

 使用環境や使い方によっては、とても便利、小型で珍しい得難い自動牽引車なので、個人的には愛着があるので手放すのは残念に思っていますが、このまま倉庫で眠っているのはやはり勿体ないと思っていました。もっと有効に活用できる団体があるのなら、そこで大いに活躍してもらえる方が、「ピンクレディ」にとっても社会で役に立つよい機会だと考えています。(ks)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coppice.main.jp/mt/mt-tb.cgi/202

コメントする

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!