NPO法人 こぴすくらぶ

2013年10月アーカイブ

2013年10月の定例作業(二)

| コメント(0) | トラックバック(0)

KP1020738.JPG  

 3号地の抵抗性マツの植林地で、マツ枯れ病で枯れたマツを伐採しましたが、今回はその処分の方法についてお伝えします。

KP1020733.jpg 伐って運び出したマツの枝を落として束ね、幹を短く切ったものを、借りてきたトラックに総出で積み込んだ後、車で1時間ほどの場所にある船橋市のゴミ処理場へ運びました。その間に残ったメンバーが3号地内の他の枯れたマツを伐採し、積み込む準備をしていたので、帰ってきたらまたトラックに積み込んで、と、ピストン輸送して前回と合わせて合計3回、トラックいっぱいの枯木をゴミ処理場に持ち込んだことになります。

 1回分で450kg~550kg、3回分では1,500kg以上になりました。処分料金は、20円/1kgなので、30,000円以上の費用が掛かりました。この費用は、クラブの持ち出しとなるので痛い出費です。今回の林内の最終チェックでは、これ以上の枯木はないようでしたが、今後、枯れたマツが増えてくるようだと、さらに処分費用が嵩むことになるので、そうなるとマツ枯れの被害が広がる痛手に加えて、クラブの出費についても心配が増えることになります。市内の森林環境を整備しているボランティア団体には、こうしたケースでは特別安い料金で処分していただけるよう切に望みたいと思いました。(ks)

<以下の写真で、枯れたマツを運んだ時のゴミ処理場での手順をまとめてみました。大量のゴミを有料で処分する際の一つの例として、参考にしてください。>

KP1020706.jpg

2013年10月の定例作業(一)

| コメント(0) | トラックバック(0)

01-P1020634.JPG

 10月は、31-2号地の下刈りと3号地の抵抗性マツの植林地の下刈り作業から始まりました。この日は、千葉県北部林業事務所の方が2名参加され、持参された刈払機で作業も手伝っていただきました。(ks)

02-P1020631.JPG

 3号地では前回(9月末日)から作業を始めたので、この日で下刈りを終えることが出来たので、林縁のマツに絡まる葛のツル切りも済ませることが出来ました。誰かが曼珠沙華の花を刈り残してくれていました。

03-P1020641.JPG

 作業中、林内に枯れて葉が茶色に変色したマツを見つけたので、マツ枯病と判断し伐採することにしました。

04-P1020653.JPG

 3号地は、2006年3月18日に植樹祭を開催し、沢山の参加者により約2500本の抵抗性マツを植林した場所です。以来、約7年半の月日が過ぎて植えたマツも大きくなってきたので、そろそろマツ枯れ病が出てこないかと心配していましたが、残念ながら的中してしまったようです。(抵抗性マツといっても万全ではないようです。)

05-P1020657.jpg

 マツ枯れは「マツノマダラカミキリ」が媒介する「マツノザイゼンチュウ」という1mm位の小さな線虫によるもので、枯れたマツは始末しないと周辺のマツに被害が広がってしまいます。この日は、取り敢えず10本以上まとまって枯れている場所のマツを伐り、外に運び出すことにしました。

06-P1020660.JPG

  十数本のマツを伐り倒した場所には、ぽっかりと明るい空間が出来てしまいました。今後しばらくは、この場所の周辺のマツが大丈夫か、マツ枯れに注意して監視する必要がありそうです。

07-P1020662.jpg  マツ林の外に運び出した枯れたマツは、枝を落としてまとめ、幹は1.5m以内の長さに切って運び出すことになりました。本当は、ここで燃やせれば楽なのですが、都市近郊での焚き火は無理なので、次回の作業日にトラックを誂えて、船橋市のゴミ焼却場へ運び出す予定です。(ks)

 

2013年10月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「秋の日は釣瓶落とし」という言葉があるように、10月は赤く染まった夕焼け空の風景が思い浮かびます。こぴすくらぶ の森林整備作業は午後の3時までなので、夕日の頃まで森にいることはありませが、なんとなく想像してみたくなります。そんな秋の夕暮の森から帰る景色を思い描いてみました。(ks)

510-coppicelogo-2013-010.jpg

 

 NPO法人こぴすくらぶ は、「都市近郊林の整備・保全活動」という事業名で、2013年度セブン・イレブン記念財団の助成(自然環境の保護・保全①森林の保護・保全活動)を受けています。(ks)

logo_7midori+.gif

(注)以下は、セブン・イレブン記念財団による公募助成の仕組み(HPより転載)

 セブン・イレブン記念財団の公募助成制度は、セブン・イレブン店頭に寄せられたお客様からの募金が、地域の市民の環境活動を支援する助成制度です。日本国内の団体、および活動が対象です。2013年度の公募助成には「地域温暖化対策助成」「活動助成」「自立事業助成」「広域連携促進助成」「清掃助成」「植花助成」があります。  <こぴすくらぶ は、「活動助成」の項目です。>

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!