NPO法人 こぴすくらぶ

2013年11月アーカイブ

2013年11月の定例作業(二)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 11月最終の作業日は、24号地(薪割り)、31-3号地(下刈り&除伐)、59-2号地(下刈り&除伐)と3ヶ所に分かれて実施しました。今回の写真は、59-2号地の様子を撮ったものです。

01-P1020879.JPG

02-P1020870.JPG 予め計画部が実施した59-2号地の植生調査による現況は以下のようでした。『落葉樹・常緑広葉樹の混交林。高木化はしているがあまり太い木は無い。「ハリエンジュ(ニセアカシア)の森」といってもいいくらいに茂っている。高木になっているものもあるが、倒木も何本かある。一部にマダケもあり、一度伐採されたが、また勢力を増しているので、やや荒れた感じの森になっている。No.59同様「教育の森」として利用するので、日光が適度に入るように除伐をし、多種多様な樹木や草花で構成される、明るい森にしたい。』その結果、目標林景は、『保健文化機能を目的とした景観保全林』とされました。

 森の奥の方は竹や笹が密集していて敷地境界が分かりにくいため、作業に取り掛かる前に全員で歩いて確認しました。(左の写真)

 この森は本当にいろいろな樹木があるようなので、計画部のメンバーが伐らない木にピンクのテープを付けていますが、それらの多くは幼木といえるような小さな木が多いので大きな樹木とのバランスが違いすぎてちょっと戸惑うことがあります。多種多様な樹木の森を目指すということなのでこれはこれでよいのかもしれませんが、あまり多種の樹木が点在すると雑然とした森になるのではないかと少し懸念しています。(あくまでも私見です。)(ks)

03-P1020898.JPG

  この森は、千葉県によって「教育の森」に指定されています。それに相応しいという訳ではありませんが、この日もマユミの木にピンクの実他いくつかの木の実を見ることが出来ました。

04-P1020910.JPG

05-P1020921+2.jpg

 今日作業した59-2号地の道路を挟んだ斜め前の森の隅に洒落た造りのコーヒーハウスがありますが、その建物の裏側に広がる森が59号地です。この59号地とこの日作業した59-2号地が教育の森です。

(下の写真)上の1枚は、コーヒーハウス周辺の風景。その下の2枚は、前回までの作業で整備を終えた59号地の風景です。

06-20131128-3a+2.jpg

2013年11月の定例作業(一)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 11月も、除伐&下刈り、植生調査、薪割りと数人づつに分かれて作業を進めています。10月には関東にも台風が来たり、11月になって暖かい日があるかと思えば、突然12月のような寒い気温になって1か月前と10度も気温差の日があるなど、全国的におかしな気候に振り回されているのではないでしょうか。今回は、そんな11月のある日の薪割り作業の様子と、船橋郊外の森の紅葉情報をお伝えします。(ks)

01-kP1020839.jpg

 こぴすくらぶが除伐、間伐している森は長年に亘って手入れされていなかったので、高木で太い、コナラ、クヌギ、カシ、イヌシデなどの広葉樹を伐採することが多々あります。それらの丸太を30cm~40cmの長さに切って、自然乾燥させてから割って薪にして保管しています。上の写真は、そんな太い丸太を薪割り機で割っている例です。こんな太い丸太でもチェーンソーで割れ目を入れておけば思いのほか気持ちよく割れます。だから、細い木を割る時より太い木を割る時の方が割れた時の爽快感が違うと皆思っているようです。

 薪割り機で割るといっても3人掛りで、結構手間が掛ります。苦労をして割った薪は13号地と24号地の2か所で保管して乾燥が進んだ方の薪から出荷しています。下の写真は、13号地の薪保管場所です。

02-20131114-1a.jpg

≪ 船橋市郊外の森の紅葉情報 ≫2013年11月18日

 53号地はスギ林ですが、下層にモミジが茂っています。所有者の方が昔植えたのだと思いますが針広混交林としてきれいな森を形成しています。この日は53号地での整備作業はありませんでしたが、そろそろモミジの紅葉が始まっているのではないかと、他の場所での作業終了後に53号地に寄ってみました。

01-k20131118-1a.jpg  予想はしていましたが、モミジの紅葉は全体の1/5程度でした。林内全ての木が紅葉するのは今月末ぐらいになるのかもしれません。それでもかなり赤く紅葉している木が所々に散在していて、午後遅くの日差しに燃え上がっていて綺麗でした。それが下の3枚の写真です。(ks)

02-kR0018169.jpg

03-kR0018171.jpg 04-kR0018188.jpg

2013年11月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 11月になると全国の紅葉の話題がニュースで飛び交います。冬に向かう前の一瞬の華やぎに、みんなワクワクする時期、それが11月です。初旬は山の上から、そして下旬には里に降りてくる紅葉は本当にきれいです。里が紅葉に染まるころ、高い山の上では雪の便りも聞かれる時期、船橋近郊の森の中でもひっそりと紅葉した木々が静かに赤や黄色の葉を落としているのです。(ks)

510-coppicelogo-2013-011.jpg

 

 NPO法人こぴすくらぶ は、「都市近郊林の整備・保全活動」という事業名で、2013年度セブン・イレブン記念財団の助成(自然環境の保護・保全①森林の保護・保全活動)を受けています。(ks)

logo_7midori+.gif

(注)以下は、セブン・イレブン記念財団による公募助成の仕組み(HPより転載)

 セブン・イレブン記念財団の公募助成制度は、セブン・イレブン店頭に寄せられたお客様からの募金が、地域の市民の環境活動を支援する助成制度です。日本国内の団体、および活動が対象です。2013年度の公募助成には「地域温暖化対策助成」「活動助成」「自立事業助成」「広域連携促進助成」「清掃助成」「植花助成」があります。  <こぴすくらぶ は、「活動助成」の項目です。>

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!