NPO法人 こぴすくらぶ

2014年6月アーカイブ

2014年6月の定例作業(二)

| コメント(0) | トラックバック(0)

c-P1022923.JPG 6月なのに梅雨らしくない日が続き、晴れていても雷鳴が聞こえてくると突然土砂降りが襲ってくるなどの異常気象のため、戸外で作業する我々には天気が気掛かりな今日この頃です。(ks)

a-20140623-1a.jpg

 いよいよ雑草の勢いが増してきました。この日は13号地の下刈りでしたが、奥に細長い敷地なので5~6人づつ二手に分かれて、入り口側と奥の方の植林地の下刈りを実施しました。(上の写真)は、作業を始める前の雑草で覆われている入り口側の様子。道路沿いに設置した竹柵も、植林したコナラやクヌギの周りも背の高い雑草で覆い隠されていました。

(下の写真)は、下刈りを始めてから1時間半後の状況です。大分周りの状況が見えてきました。この場所は幹線道路沿いなので、下刈りが進むにつれて残念ながらポイ捨てのゴミがポリ袋にいっぱい出てきました。

b-20140623-2a.jpg

d-P1022941+1.jpg(上の写真)伸び放題の雑草が歩道に迫り出して通行人に迷惑をかけそうなので、入り口側の下刈りは、以前我々が設置した竹柵の外側、幹線道路の歩道沿いから取り掛かりました。

(下の写真)13号地に隣接して12号地がありますが、こちらの竹柵沿いの雑草も手分けして刈り払いを実施しました。刈り払い作業と清掃中の状況です。

e-P1022931+1.jpg

f-P1022937.JPG 

 竹柵の外側の歩道際に、野アザミの大きな株が生えていて、ちょうどピンクの花がいくつか咲いていました。きれいだったので花が終わるまで伐らずに残しておこうと思ったのですが、周りの雑草がなくなると、この野アザミの株だけが歩道に迫り出す形になる上に、葉に触れると棘が痛いのでこのまま残すのは無理のようなので、写真を撮ってから刈払ってしまいました。(ks) g-P1022938.JPG

2014年6月の定例作業(一)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今年の6月初旬は、天候不順の日が多かったため、中旬までに4回予定されていた作業日の内、朝からの雨で中止が1回、途中からの降雨のため午前中で中断したのが2回、結局予定通り作業できたのは1回だけでした。(ks)

1-P1022867.JPG 中旬から天気が回復した日が続いたので、晴天の6月16日は、久々に予定通り活動できました。この日は22‐3号地の除伐に続く22‐1・22‐2号地の下刈りの組と、32号地の除伐組、そして53号地の植生調査の3班に分かれて作業しましたが、暑さが戻ってきたのと休憩時の蚊の多さに辟易しました。

2-P1022900.jpg 今回の写真は、21‐1・21‐2号地での下刈りの様子です。植林したコナラ、クヌギは順調に生育して背丈をはるかに超える程になっていますが、日の当たる場所の雑草の勢いがすごく、下刈りしないと中に踏み入るのも困難な状態です。雑草とともに厄介なのが蔓ですが、ほとんどの木にツルが絡みついているので、若木を守るには切って取り除くことが若木の成長のために重要です。

3-P1022903.jpg   21‐1と21‐2号地を合わせた敷地面積は0.5ha強ですが、午前中は4人、午後からは作業時間をいつもより1時間延長して7人が刈払機で作業した結果、予定した下刈りを終えることが出来ました。終了後に夏季恒例のアイスクリームが全員に支給されました。

 緑が濃くなるにつけ虫たちや木の実などの姿を目にすることが多くなってきました。休憩中に捕まえた虫(?)を棒の先に乗せて眺めたり、伐採竹の集積場所から勝手に生えてきた木(ヒメコウゾ?)に赤い実を見つけたので刈払機を止めてスナップしたりと、なにかと楽しんで(サボって?)います。

4-P1022893.jpg

  21号地には、体験作業を希望してきた若い男性の大川さんが参加しました。県民の森でこぴすくらぶの表示板を見た後、このHPで調べて申し込んだそうです。彼には初めて使う刈払機の扱い方をレクチャーした後に下刈り作業に加わってもらいました。3回目の参加でしたが、初めての下刈りは面白かったとの感想でした。こぴすくらぶでは休日の作業日が少ないため、興味はあるのだけれど、仕事の関係で今後は参加するのが難しいようですが、現役世代の若者の参加は大いに歓迎です。今後も機会があったら是非とも森林の整備に協力してください。(ks)

5-P1022864.jpg

ご報告!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 こぴすくらぶの会長が、今年度から二代目の俊淳一 前会長から、三代目の高村紘一 新会長にバトンタッチされました。新会長のご挨拶を更新しましたので、左欄の「会長あいさつ」をクリックしてご覧ください。

 こぴすくらぶの基本は、森林整備のボランティア団体として発足した経緯があります。今後とも船橋市内の森を守り、次代に引き継いでいくために、会長はじめ会員一同楽しみながら活動していくことを心掛けていきたいと思います。(ks)

2014年6月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

  6月は、しとしと雨が降り続く梅雨という、夏を迎える前の日本独特の季節感が定着していましたが、最近はどうもおかしい。以前はこの時期に経験したことのないような真夏並みの猛暑日があったり、青空に突然黒雲が湧き起ったと思ったら、いきなり雷を伴う豪雨が襲ってきたりと、いったいどうなってしまったのだろうと心配です。森林整備作業においても、早々と真夏並みに熱中症の心配をしなければならないなんて、やはり地球温暖化のせいでしょうか。そういえば、少し前までは盛んに叫ばれて、お役所も熱を入れていたはずの二酸化炭素削減の運動はどうなっているのだろうか。確か、これについては森林の果たす役割が大きいと注目されていたはずです。継続しなければ意味がありません。最近の経済優先の風潮が気掛かりです。(ks)

510-coppicelogo-2014-006.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!