NPO法人 こぴすくらぶ

2015年3月アーカイブ

こぴすくらぶ一日体験活動

| コメント(0) | トラックバック(0)

 2015年3月14日(土)に「こぴすくらぶ一日体験活動」が76号地で開催されました。今回はその時の体験活動の様子をお伝えします。(ks)

  01-UNI_0491.JPG 体験場所は56号地を予定していましたが、現在整備作業を進めている76号地の方が実際に作業してもらうのに適しているため、56号地に集合後、76号地に移動して実施することになりました。申し込みは6名、当日1名が都合で欠席となったため、体験参加者は5名でした。決して多い人数ではありませんが、こぴすくらぶから10名が出席したので、マンツーマンで指導に当たることが出来たため、参加者にとっては非常に丁寧な指導が得られてよかったのではないかと思っています。

≪この日のプログラム≫

(1) テーマ1:  9時 15 分~ 9時 30 分: 服装(長袖、ズボン)&装備 の作業 前点検( ヘルメット 、ゴーグル、皮手袋)とこぴす くらぶ の現場作業 紹介

(2)テーマ2:  9時 30 分~ 10 時 00 分: 刈払機 を使った下刈りと片付け / 10 時 00 分~ 10 時 15 分: (休憩)


(3)テーマ3: 10 時 15 分~ 11 時 00 分: 手鋸を使った伐竹と竹積み   / 11 時 00 分~ 11 時 15 分: (休憩)


(4)テーマ4:11 時 15 分~ 12 時 00 分: チェンソーを使った伐木&玉切り

(5)昼休み :12 時 00 分~ 12 時 45 分: 昼食


(6)テーマ5:12 時 45 分~ 13 時 30 分: チーム毎に伐竹&玉切り作業 / 13 時 30 分~ 13 時 45 分: (休憩)


(7)テーマ6 :13 時 45 分~ 14 時 15 分: チーム毎に伐竹&玉切り作業 / 14 時 15 分~ 14 時 00 分: チェンソー掃除

(8)テーマ7 :14 時 30 分~ 15 時 00 分: 懇談

02a-UNI_0504+3.jpg

 上記のスケジュールと配布された資料の説明の後、早速3班に分かれて刈払機の実習が始まりました。始めに各人にアシストとして付いたメンバーから機器の扱い方法、注意点の指導を受けた後、各自ガソリンを入れて下刈り作業を始めました。

03a-UNI_0525+3.jpg

 76号地は竹と立木の伐採後に植林する予定ですが、今はまだ植林されてないので、広い地面で雑草を刈払う練習となりました。植林地で苗木を伐らないよう刈り払い機を扱うのは慣れないと難しい面があります。

04a-UNI_0562+3.jpg

 刈り払いを終えて休憩後、次は手鋸を使って伐竹、そして伐った竹を片づける竹積みの作業を体験してもらいました。

05a-UNI_0628+3.jpg

 チェンソーは扱い方に注意しなければなりません。チェンソーを使った伐木と玉切りの実習では安全を期して、機器を十分理解してもらうため、取扱い方法の説明に始まり、各自ガソリンとチェンオイルの注入から使用後の分解掃除までを実習してもらいました。チェンソーの実習では各自ズボンの上に安全着であるチャプスを装着してもらいました。

06a-UNI_0665+3.jpg

 今回は、初めてチェンソーを使う参加者にも立木を伐木する機会を設けました。受け口、追い口の切り方、ツルの残し方等をメンバーの実地指導の下に伐木の醍醐味を経験してもらいました。チェンソーは森林整備では欠かせないスキルなので、今後この経験を生かしていただければと思います。

07-UNI_0674.JPG

 初めての伐木の瞬間です。この程度の太さの木でもズシンという音をたてて地面に倒れます。地面に横たわると思っていたより長さもあることが分かります。このようなことは自分で伐倒してみると実感できます。

08a-UNI_0704+2.jpg

 午後は体験参加者もメンバーと一緒に76号地に残っている竹の伐採や除伐の手助け等の作業に加わってもらいました。最後に懇談の場を設け、質問に応じて、こぴすくらぶの活動を種々説明させ 09-UNI_0524.JPGてもらいました。上の集合写真中で、会のメンバーは黄色のヘルメット、体験参加者は青いヘルメットです。<一日体験終了後、2名の参加者から、こぴすくらぶへの入会申し込みをいただきました。>

 この日の天気は曇り、予報では日中軽い通り雨があるとのことでしたが、幸い雨も降らず、風もない穏やかな一日のなかで体験会を終了できました。竹林を伐採した跡地の地面にはそろそろ雑草が生え始める頃ですが、嬉しいことに早くもシュンランの花芽が出てきているのを見つけることが出来ました。(ks)

2015年3月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 3月初旬の頃では森の木々の梢の冬芽は、まだまだ硬く開く気配はありませんが、地面を見るといつの間にか可憐な花をつける野草の芽があちこちに顔をだしています。家の庭には今年もアマナが6株ほど芽を出してくれました。お店でフキノトウを見つけたので買って帰って天ぷらにしてもらいました。ほろ苦い味に春の訪れを満喫しました。(ks)

510-coppicelogo-2015-003.jpg

< ------- 2011年3月11日の東関東大震災から4年が過ぎました。お力になれることは何も出来ていませんが、私たちは忘れません!沢山の人たちがが忘れていないということが、被災者の方々の励みになることと願っています。--------- >

 

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!