NPO法人 こぴすくらぶ

2015年4月アーカイブ

2015年4月の定例作業(一)

| コメント(0) | トラックバック(0)

01-P1014802.JPG 4月になった途端、いつの間にか76号地の木々に若葉が萌えだしてきました。(上の写真)の左側は黄緑色の葉のイヌシデ、右側にはアカシデの赤い芽吹きが広がっています。冬枯れの枝の時は見分けがつかなかったのに、葉が出てくると各々の個性が表れるので面白い。森を楽しむ絶好の季節になりました。

00-P1024213.JPG 76号地の南側の植林エリアでは先月末にほぼコナラの植栽を終えた(左の写真)のですが、この場所は竹林を伐採した跡地なので、苗木を埋める穴を掘るために鍬を入れるたびに竹の根に引っ掛ってやりにくく、汗をかきながらの作業でした。植栽後には苗木を添木に棕櫚縄でくくりつけています。(ks)

02-P1014781.JPG

 4月初旬は、残る北側植林エリアの最終整備に取り掛かっています。この日は、植林する苗木を運び込むチーム・伐倒した立木を片づけるチーム・植栽位置を設定するチームに分かれて作業しました。

03-P1014785.JPG

04-P1014797.JPG 05-P1014799.JPG 伐採片づけチームは、伐倒した北側植林エリアに残った最後の大木の枝を払い集め、太い幹は短く丸太切りして、鳶口で転がしながら片づけを進めました。スギやヒノキと違い、大きな広葉樹は枝の張り出しが沢山ある上に幹も硬いので、これ位の大木が2~3本あると伐ってから片づけるのに2時間くらい掛ってしまいます。

06-P1014815.JPG

 植林する地面にはタチツボスミレの青紫色の花が其処ここに咲いていました。

08-P1014816.JPG

09-P1014804.JPG 10-P1014817.JPG 植栽用支柱立てチームは、3人組で間隔を測りながら苗木を植える位置を決めて、支柱を立てていきます。こうしておくと植栽作業がスムーズに運びます。

11-P1014812.JPG

12-P1014828.JPG 13-P1014829.JPG 午後からは、整理を終えた伐採片づけチームのメンバーが北側植林エリアの植栽に取り掛かりました。埋めた苗木を引きながら踏み固め、土をかけて次に進んでいきます。根が乾燥しないよう苗木は袋に入れて持ち運んでいます。

 76号地の敷地の広さは約0.8haです、中央部は広場とするので植林するのは南と北側のエリアのみとなりますが、ここに目標として合計1,000本を植える予定です。この日までの植栽数はコナラ450本でした。あと一息というところまで進展しました。(ks)

2015年4月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0945.JPG船橋市内で唯一、河川らしい川である海老川の両岸にはサクラ並木があるので(左の写真)、毎年満開の時期はお花見の人たちで賑わっています。今年は3月末に七分咲きとなったので4月初旬には満開、やはり船橋の4月は例年通りサクラの花で始まります。華やかなサクラが散って少し寂しくなる中旬頃から、こぴすくらぶ が整備している森の木々には一斉に若葉が芽生えて、今度は森の中で若草色の華やかな景色が広がっていきます。(ks)

510-coppicelogo-2015-004.jpg

 ≪76号地の整備状況≫

今年になってから取り掛かった76号地の整備は、荒廃した竹林の伐採を終えた後に現れたスギの欠損木や植林予定エリアに残る大木の除伐を進めていましたが、ようやく終了の状況となり、4月初旬には植林できる見込みとなりました。

01-P1024120.JPG

 ここまでくるのに、雨で作業日が潰れたり、林縁に大量に捨てられていたゴミを掘り起こす作業に手間取ったりしたため予想外に時間が掛ってしまい計画は大幅に遅れてしまいました。

02-P1024121.JPG

 嘗て竹林に覆われて見通しがきかなかった場所ですが、今は下の写真のように広々とした明るい風景が出現しました。4月中には中央部を広場として残し、奥の方と手前のエリアに植林をする予定です。(ks)

03-P1024134.JPG

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!