NPO法人 こぴすくらぶ

2015年11月アーカイブ

2015年11月の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

01-CIMG0505.JPG 11月になってからは主に74号地の竹林の伐採作業が続いています。竹が密集して生えているのは、畑が広がる台地から低地の道路に向けて下る急斜面なので、かなり手こずっています。

 10年以上前になりますが、こぴすくらぶ が活動を開始してから2~3年の間は毎回のように散在する竹林の伐採に追われていました。どの竹林も長期間にわたって放棄されていたため、竹林内は枯れた竹が錯綜していて中に入るのも困難な状況でしたが、努力したかいがあってそれらの皆伐は全て終わり、その内の数か所に植林した苗木は順調に育って、若木の森に変わりつつあります。先月に竹林の伐採を終えた70号地と同様、今回の74号地も今年から新たに整備予定地に加わった場所なので、このところ久し振りに竹林の伐採作業を実施することになったのです。(ks)

02-CIMG0586.JPG

03-CIMG0562.JPG 04-CIMG0550.JPG 竹が密集しているので、伐採した竹を積む場所作りから始めますが、二つ、三つと竹を積んだ山が出来てきても最初の頃は伐っても伐っても変化が見られないので、ため息が出てきてしまいます。

05-CIMG0531.JPG

06-CIMG0540.JPG 07-CIMG0542.JPG 08-CIMG0535.JPG 09-CIMG0538.JPG 急斜面に生えている竹はどれも太くて、根元を両手で握ろうとしてもとても届かない程太い上に背丈も高い竹ばかりです。伐採が進んでくれば空間も広がるので倒しやすくなるのですが、今はチェンソーで切っても周りの竹や木の枝に掛ってしまって倒れないため、その都度、下端に縛ったロープを二人掛りで引いて竹の間に倒さなければならず、なかなか能率が上がらないうえに体力も使います。

10-CIMG0561.JPG

11-CIMG0557.JPG 12-CIMG0569.JPG 太い竹はとても重く、三分割して積み上げるにも太い下の方は二人でないと持ち上げられない程重量があります。平行に数本の竹を背丈の高さに切り残して伐った竹を積み上げる支えにしていますが、大きな竹ばかりなのですぐに満杯になってしまうのです。

13-20151116-1a.jpg

 上の写真は、今月になってから3回目の伐採作業が終わった竹林を畑の側から眺めた風景です。左側は竹の密度が減ってきて明かりが透けてきましたが、右側は一部取り掛かっているけど、まだまだ竹でびっしり埋まっている様子が分かります。これからもしばらくの間は74号地の竹の伐採に追われそうです。(ks)

農水産祭への出展作品の制作

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先月末の29日は参加者全員が13号地に集まり、11月8日(日)に市地方卸売市場で開催された「農水産祭」に出展する作品を森林から伐り出してきたスギ丸太や間伐材、広葉樹の枝や竹等を使って、各自おもい思いの作品を楽しみながら作りました。

 この日作った作品のほかに自宅で作った分も含めて、最終的には27種類・140個もの出展作品が集まり「農水産祭」の会場で販売されました。当日、売場に立ち寄っていただいた方々から種々のコメントや希望作品などを聞くことが出来て今後の参考になったようです。当日は残念ながら雨になってしまったので例年より人出が少なかったため、完売とはなりませんでしたが、おかげさまで総額16,300円の売り上げとなり、こぴすくらぶ の貴重な臨時収入となりました。お買い上げていただいた皆さまに感謝します。(ks)

《以下は、出展作品の制作風景です。》

A01-DSCF2146.jpg

 (上の写真)木の枝や間伐材を切って、丁寧に磨いて作ったオブジェや木製トナカイ、バードコール、その他いろいろ。

B03-DSCF2142.jpg

 (上の写真)竹の箸。竹を割って、切って、鉋で形を整えて磨き、最後にバーナーで表面を軽く焼くと艶が出てくる。数多く作るのは、とても手間と忍耐がいる作業です。

C05-DSCF2141.jpg

 (上の写真)玄関に飾る山武スギのオブジェ他。細々とした作品を作るのはとても大変です。

D07-DSCF2147.jpg

 (上の写真)13号地に生えている竹を伐ってきて花器の制作。

E09-DSCF2148.jpg

 (上の写真)完成して仲良く並んでいる冷酒用器です。よく見るとみんなスマイル顔で、かわいいなー。この竹の酒器に入れたお酒はうまいだろうなー!

F11-DSCF2149.jpg

 (上の写真)子どもが喜ぶ竹製とり笛。音符の絵まで描いて、作り手の人柄を表す優しい音です。

G13a-CIMG0436.jpg

 (上の写真)この日に伐ったスギの丸太を使って、チェンソーカービングの初歩練習用の方法で作った丸椅子。脚部をバーナーであぶって焼スギ仕様にしています。

H14a-CIMG0433+1.jpg

 (上の写真)皮を剥いだヒノキの丸太をチェンソーで削って丸椅子と背付の腰掛を作っています。最後にバーナーで脚部を焼いて完成。

2015年11月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 一年、十二か月の間、毎月描いているタイトル画ですが、4月の桜と11月の紅葉の2回だけは唯一華やかな彩りで飾ることが出来る月なので、どうしても桜の花と紅葉した葉は外せないテーマです。今秋も全国のあちこちの山の上から里へと黄色、橙色、赤色に染まった紅葉の便りが聞かれる季節となりました。(ks)

510-coppicelogo-2015-011.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!