NPO法人 こぴすくらぶ

2016年11月アーカイブ

2016年の船橋県民の森の紅葉

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC_0086.JPG 今年は船橋市内でも11月24日に雪が降り、薄っすらと雪化粧しました。11月に雪が降るなんて初めての経験で驚きました。翌日は快晴、そろそろ県民の森のモミジの紅葉が見頃になっているのではないか、もしかすると紅葉の下の地面に雪が残っていて珍しい風景が見られるのではないかと思ったので出掛けてみることにしました。期待通り、集いの広場には雪が残っていて、その向こうに紅葉したモミジが広がっていました。

 実は、こぴすくらぶ も県民の森内を公図で区分けして年ごとに数ブロックづつ除伐や下刈りの整備を続けているのですが、他にも整備している市郊外の森が沢山あるので、なかなか紅葉の時期にこの場所を整備する幸運に巡り合うことができません。(ks)

DSC_0102.JPG

 モミジは県民の森の集いの広場から奥のエリア、高木に囲まれた一画に集中しています。(県民の森のパンフレットにもモミジの道と表示されています。)

DSC_0103.JPG

 小さなモミジの木の下、笹原に前日の雪が残っていました。

DSC_0104.JPG

 11月なのに雪を被った県民の森内の木橋なんて初めて見る眺めです。

DSC_0113.JPG

 まだ本格的な紅葉には早かったかなと思っていたら、奥の方に行くにつれてきれいな紅葉が現れてきました。

DSC_0121.JPG

 燃えるようにきれいに紅く染まったモミジに見惚れました。

DSC_0133.JPG

 周りに木のない開けた場所に大きなモミジがある場所があり、毎年この木の紅葉を楽しみにしていたのですが、今年も赤々と紅葉していました。木の下に立って見上げると木漏れ日が当たったモミジの葉が点々と輝いて花火が光っているようでした。

DSC_0155.JPG

 横に広々と枝を広げたモミジが本来の姿なのだろうと思うのですが、このモミジは周りの高木に負けまいと高く背伸びしています。陽が当たる場所から紅くなっているので下の枝の方が上の方より早く紅くなっています。

DSC_0163.JPG

 まだ紅葉が始まってない緑のモミジの葉の先に仄かに紅く染まり始めた葉が所々に輝いています。これが真っ赤に色づいた姿を想像するだけでワクワクします。

DSC_0167.JPG

 以上10枚の写真は、11月25日に撮影したものです。紅葉真っ盛りには少し早かったようですが、お蔭で思いがけず、綠色・黄緑・黄色・橙色・赤・そして紅色のモミジの葉のグラデーションを楽しむことが出来ました。(ks)

2016年11月の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1001333.JPG

  13号地の植林地のコナラ、クヌギ、ケヤキが黄葉して、風が吹く度にハラハラと枯葉が舞っていました(11月21日)。ここのコナラ、クヌギ、そして敷地内道路沿いのケヤキの幼樹は、2008年3月15日に開催した植樹祭で一般参加者によって植えられたものです。8年半が過ぎてここまで大きく育ちました。(ks)

P1001336.JPG  P1001360.JPG

 《11月の定例作業》

 11月は主に39号地と43号地に分かれて下刈りと除伐を実施中。この間も並行して計画部による植生調査と交代しながらの薪割りも行われています。

---------------------------------------------------------------------------------

<39号地の現況>(計画部の報告より)面積:0.48ha

 広葉樹が多い針広混交林。全体に樹高が高く、枯損木、倒木が目立ち、溝腐れ病も見受けられる。北高に近い部分は整備されているが、入り口から向かって右奥は竹藪になっていて整備が行き届いていない。その中に残していきたいケヤキやアカガシの大木がある。

目標林型:景観保全を目的とした針広混交林。

整備作業:下刈り、除伐

a1-P1016028+1.jpg

 開始前に整備内容と敷地境界線を確認する。

a3-P1016040+1.jpg

a5-P1016048+1.jpg 道路側の刈り払いが進むとポイ捨てゴミが沢山出てきます。

a7-P1016042+1.jpg

 溝腐れ病で弱ったスギが倒木となっていました。

a9-P1016062+1.jpg

 林内の日照を確保するため、日差しを遮るシロダモやシラカシ等を除伐しています。

  a11-P1016070+1.jpg

---------------------------------------------------------------------------------

 <43号地の現況>(計画部の報告より)面積:0.84ha

 東側の畑以外、三方向を道路および住宅地で囲まれた、広葉樹が多い針広混交林。樹高はさほど高くないが、枯損木が混じっている。林床には、アズマネザサや蔓草が繁茂している。道路が林の中を通り、抜け道になっている。西側の道路に面した側は、近隣住民が植え木を植えたり、駐車場として利用したりしている。また畑側には中を通る散歩道が作られている。土地は、東側に向かって傾斜しており、川ないしは湿地の痕跡が残っている。窪地をたどっていくと、木戸川につながっているようである。この窪地に、隣の畑の野菜くずやゴミが大量に捨てられ山になっている。

目標林型:景観保全を目的とした針広混交林。

整備作業:下刈り、除伐

b0-20161116-1a.jpg

b1-P1001260+1.jpg b3-P1001262+1.jpg b5-P1001266+1.jpg b7-P1001295+1.jpg アズマネザサを刈払っていると、マンリョウなど残しておきたい草木がササヤブの中から出てくるのですが、各人其々の意思で刈り残す草木を楽しんでいます。

b9-P1001281.JPG

ここ43号地でも、特に道路際は下刈り中にササの中からポイ捨てゴミが出てくるので、拾い集めて作業終了後に軽トラックに積んで持ち帰っています。(ks)

2016年11月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

  船橋では例年11月末頃が紅葉の季節になります。今年は天候不順の影響か、夏と秋の境がはっきりしないまま、暑いと感じる日があったかと思うと突然に冬のような寒い日が続いたりと戸惑うばかり、今秋の紅葉がどうなるか心配です。こぴすくらぶ が整備している数多くの森林のなかでモミジの紅葉がきれいな森がありました。今回の画の背景の風景がそれです。昨年から所有者が変わったためにその森に入って整備することが出来なくなってしまいましたが、あのモミジの木々が点在する森がいつまでも残ってくれるよう願っています。(ks)

510-coppicelogo-2016-011.jpg

農水産祭の作品準備

| コメント(0) | トラックバック(0)

 11月末の一日、13号地に集まって船橋市農水産祭に出展して販売する作品作りを行いました。この日は上天気で気持ち良い日でしたので、作品のアイディアのある人、ない人、皆それぞれ熱心に販売する作品の製作作業に励みました。と、思います。作業が面白けれぼ楽しいですからね。(ks)

01-P1015958.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------

《 49回船橋市農水産祭り 》

開催日 : 2016年11月6日(日) 9:30~13:30

場  所 : 船橋中央卸売市場

-------------------------------------------------------------------------------------------------

森に興味をお持ちの方、是非お出かけの上、「こぴすくらぶ」の出店にお寄りください。お待ちしています。

02-P1015980.jpg

 

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!