NPO法人 こぴすくらぶ

2017年7月アーカイブ

2017年7月の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

00-UNI_1548.JPG 新規整備予定地に加わった約4,000㎡の79号地の森林の整備が6月末から始まりましたが、7月になってからも続いています。そこで初回から4回目までの進捗状況をお伝えしたいと思います。同時に他の森の整備も手分けして実施しているので、79号地で作業する人数は4名~8名程度です。

(上の写真)79号地の東側、畑に接する林縁にクリの木があり、もうイガイガの青い実が付いていました。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 <作業第1回目 : 6/26>

 初めて整備に取り掛かる森林なので、境界確認と森林の状況を見るために、この日の作業メンバー全員で林縁を歩いて回りました。周囲はアズマネザサが茂り、林内は下層木のアオキの生育が数多く、まったく見通しがきかない状態でした。取り敢えず、この日は道路に面した西側、畑に接する東側、斜面に沿う南側の外周の下刈りから取り掛かりました。

01-b1-P1002474+2.jpg

 <作業第2回目 : 6/29>

 この日は、前回取り掛かった林縁の下刈りを続けるうちに、刈払う範囲が林内に及んでいきました。低層木の大半を占めるアオキやササなどの下草を刈払機で刈り進めていくと、かなり林内の見通しがきくようになってきましたが、刈払いを終えた林縁だけでなく林内からも沢山のポイ捨てゴミが出てきたので、それらを拾い集めて後日市の収集車に運んでもらうことになりました。

 道路際で休憩していると、通り掛かりの人たちからいろいろと暖かい言葉を掛けていただくことが多々あります。近くにある所有地を時々清掃に訪れているという車で通りかかった女性の方からはスイカと焼き芋の差し入れをいただきました。家に帰って食べようとされていたと思うのですが、急遽車から出してきてくれたのです。その場で切っていただいたスイカの瑞々しいおいしさとお気持ちに疲れも癒されました。

02-f1-P1002506+1.jpg

 <作業第4回目 : 7/6>

 道路際に集めておいたポイ捨てゴミ(中にはマットなどの大きなゴミも沢山あります)は、市の収集車が運んでくれていました。林縁の下刈りもほぼ終わり、林内で下刈り出来る範囲の作業もかなり進みました。まったく見通しのきかなかった林内からも木立の間から外の明るい空が見えるようになってきて、風通しもよくなったように感じます。やっと事前に計画部が調査し、除伐対象としてマークした立木の伐採に取り掛かれるところまできたようです。(ks)

03-k1-P1002538+2.jpg

2017年7月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 梅雨が明けた7月中旬以降は一気に青空が広がり、雑草の繁茂も半端ではありません。雨に邪魔されていた森林整備も、植林地の下刈りが最盛期となります。遮る物もないカンカン照りの青空の下、流れる雲が時々強烈な太陽の日差しを遮断してくれると、ホッとしながら暫し刈払機のエンジンを止めて、流れる汗を拭きながら束の間の休憩で一息つくのです。(ks)

510-coppicelogo-2017-007.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!