NPO法人 こぴすくらぶ

2018年10月アーカイブ

01-DSC_0015.JPG 10月29日は久し振りの上天気、この日は本拠地の13号地に集まり、青空の下、竹林と森に囲まれた気持ちよい空気の中で、11月11日(日)に開催される「船橋市農水産祭」で販売する作品づくりを楽しみました。各人各様、それぞれのアイディアに従って制作が進められ、大物から小物までいろいろの手作り品が出来上がりました。

 <今回は、作品作りのメンバーの様子を並べてみます。>

02-DSC_0035.JPG

03-DSC_0987.JPG

04-DSC_0968.JPG 05-DSC_0954.JPG 06-DSC_0997.JPG 07-DSC_0004.JPG 08-DSC_0006.JPG 09-DSC_0983.JPG 10-DSC_0991.JPG 11-DSC_0013.JPG 12-DSC_0032.JPG 13-DSC_0033.JPG 14-DSC_0037.JPG 15-DSC_0028.JPG 16-DSC_0041.JPG 17-DSC_0050.JPG 18-DSC_0055.JPG 19-DSC_0046.JPG 20-DSC_0054.JPG

 私は、このホームページで毎月描いているタイトル画をハガキに印刷した絵葉書を作りました。これにこの日、Oさんが竹で作ってくれたハガキ立てをセットにして販売させていただきます。(ks)

21-絵葉書181010.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------- 

≪ 船橋市農水産祭 ≫

  日時 : 2018年11月11日(日)

  場所 : 船橋市地方卸売市場

--------------------------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【 2018年10月の定例作業 】

 今年の10月は秋晴れに恵まれず雨の日が続いたために、こぴすくらぶの作業日も雨天中止や途中中止が重なり、作業予定が大幅に遅れてしまいました。

 今月の作業は、主として5号地での下刈り・除伐でした。5号地は緩やかな斜面林で今回は南西側の半分の区域、15,800㎡です。イヌシデ・コナラ・ムクノキ等の落葉広葉樹が中心の森です。

<10月11日>

01-UNI_2381.JPG

02-UNI_2394.JPG この日も、開始早々雨が降り出したため一時中断しました。スマホで雨雲レーダー画面を確認すると今掛っている雨雲は1時間位で抜けると判断したことが幸いして、1時間ほどで再開しました。

03-UNI_2411+3.jpg

 アズマネザサを刈払っていたTさんがスズメバチの巣を見つけました。早速、蜂駆除名人のNさんが駆けつけて、殺虫剤を散布して退治してくれました。しばらくはこの周辺から撤退です。

04-UNI_2406+1.jpg

 

 <10月15日>

01-P1017470.JPG

 5号地の森は右側斜面の雑木林です。

02-P1017475.JPG

03-P1017480.JPG 計画部が残したいとピンクテープを巻いた樹木以外の低層木は刈払機で刈払っていきます。

04-P1017476.JPG

 通常、こぴすくらぶが整備している森林の多くは針・広混交林ですが、5号地は珍しく落葉広葉樹の明るい雑木林です。場所によっては、実を付けたゴンズイやサンショウが群生しています。

05-P1017491.JPG

 

 <10月17日>

 南西側の斜面下の林縁を流れる二重川支流沿いは、葛(クズ)が旺盛に繁茂して手こずりましたが、1時間作業を延長して頑張って下刈りした結果、この日で下刈りを終えることが出来ました。

01-P1017495.JPG

02-P1017501.JPG 03-P1017510.JPG 04-P1017529.JPG 5号地は高木が多くなり、亜高木が少ないので混み合っている高木は積極的に除伐する必要があると計画部から指摘されているので、下刈りが終わったこれからは除伐を進めることになります。(ks)

2018年10月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 10月になりました。早いもので今年も残すところ3ヶ月となりました。空を見上げて「うろこ雲」が見られるようになると、僕は秋が来たなーと実感します。うろこ雲は巻積雲(けんせきうん)と言い、上空の高いところに発生する雲です。「さば雲」や「いわし雲」とも言われているようですが、やはり「うろこ雲」が一番しっくりします。昔から秋を代表する雲と親しまれていたので、秋の季語としても知られています。うろこ雲の下の木々の葉は緑が薄れ、枯葉が広がり始めて森林も衣替えが始まります。いつの間にか暑さも遠のき、吹く風も涼しさを超えて、肌寒さを感じる季節になってきました。(ks)

510-coppicelogo-2018-010.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!