NPO法人 こぴすくらぶ

2019年2月アーカイブ

冬の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

a1-UNI_2594.JPG 2月の前半は寒い日が続き、2月9日には船橋市内でも雪が降り、薄く雪化粧しました。そんな寒さの中、2月中旬までは主として36号地の下刈りと除伐を実施していました。

a2-UNI_2595.JPG

a3-UNI_2606.JPG 36号地の森林の広さは0.5haで、住宅に隣接する2方向の辺りはやや高くなっており、森の入り口の方に向かってなだらかな斜面となっています。斜面下の二重川に面する湿地だった隣接地はアズマネザサや低木が茂り、境界が分かりにくくなっているので、作業初日は全員で林内の境界沿いに歩いて確認してから、下刈りに取り掛かりました。

a4-UNI_2609.JPG

a5-UNI_2628.JPG 刈り払いをしていると(上の写真)の「黄実の千両」のように魅力的な草木が出現することがあります。気付いた時はその周りを刈り取り残したりしています。

b1-UNI_2638.JPG

b2-UNI_2644.JPG

b3-UNI_2646.JPG

 背丈を超えるアズマネザサやアオキ等の低木の刈払いが進むと、緩い斜面の林内の見通しが格段とよくなり明るくなりました。自由に林内を移動することが出来るようになった後は、刈払機で伐った低木を丸太で囲ったビオトープに集めたり、枯木他不要木をチェンソーで伐採して整備を進めた結果、中旬頃までに今回の36号地の森林の再整備を終えることが出来ました。(ks)

b4-UNI_2649.JPG

 

2019体験案内タイトル.jpg 

私たち「こぴすくらぶ」は、千葉県船橋市の郊外に点在する数多くの小さな森林(もり)を整備しているNPO法人(特定非営利活動法人)です。

 

 この度、未来の子供たちに手渡せるよう、船橋の森林をもっときれいにすることを具体化するための一日体験プログラムを用意いたしました。

 

この機会に是非とも体験頂き、こぴすくらぶへの入会をご検討ください。

 

 ~ こぴすくらぶ一日体験活動プログラム ~

 

・募集人員:

 

 先着10名様( 申込締切り → 221日(木))

 

・実施日:

 2019年(平成31年)32日(土)900分~1415分(雨天中止)

 

・会  場:

 こぴすNo.59-2 船橋市豊富町1477-1(旧・教育の森)

 

・駐車/集合場所:

 船橋市北部公民館

 

・活動時間:

 9:001230

 

・体験内容:

 

(1)こぴすくらぶ現場作業紹介                  915930

(2)手鋸を使った伐採              9301015

(3)刈払機を使った下刈り           10301115

(4)伐採の見学とチェンソーを使った玉切り実施 11301215

(5)刈払機とチェンソーの分解掃除       12151230

 

                 昼食 : 12:30~13:15

                                 懇談 : 13:15~14:15

 

・持ち物 :

昼食、飲物 / 服装(作業できる服装:長袖、長ズボン、皮手袋、防寒具、ヘルメット、防護メガネ、長靴できれば安全靴(注)準備不可の場合は、相談下さい

 

・参加費 :

無料です。参加の皆さんには、当方負担でスポーツ保険をおかけします。

 

--------------------------  ≪ 参加ご希望の方へ ≫  --------------------------

 

 以下の申込書の内容を明記して、Eメールにてお申込みください。

 

宛先 :

 

船橋市山手22-1-507  NPO法人こぴすくらぶ  副会長 兵藤 寛

(電話:0 9 0 - 8 0 1 2 - 9 2 6 1)   E-mail hyodohrs@nifty.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

       こぴすくらぶ一日体験活動プログラム参加申込

 

おなまえ(フリガナ):

 

姓名             年齢   性別   (スポーツ保険を掛けます)

 

おところ 

 

 

お電話  

 

(ご自宅)               (緊急連絡用)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

*電話でのお申込みでも結構です。多数のご応募お待ちします。(記 ks)

2019年2月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 2019年になってから、早くも一ヶ月が過ぎて2月になりました。今年の1月はほとんど雨が降らずカラカラに空気が乾いた中を冷たい風が吹いて寒い日々が続きました。全国でインフルエンザも大流行しているようで心配です。2月は寒さが一番厳しい季節、この地域で時たま雪が降るのもこの時季。前夜降った雪で薄っすらと雪化粧した森林内では、高い枝葉に積もった雪片が時折吹く風に揺すられてパラパラと舞い落ちてきます。(ks)

510-coppicelogo-2019-002.jpg

船橋県民の森で定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

a0-UNI_2547.JPG 昨年末から年明けの1月中は、船橋県民の森で整備作業を実施していました。今回はその内の16日、24日、28日の3回分の作業の一端を載せてみます。

 市内の河川の一つである白幡川は、船橋県民の森の中にある湧水を水源として流れていますが、約1.2km程で白井市との境を流れる二重川に合流する短い川です。今回の作業場所は、その白幡川の水源に近い左岸に接する緩斜面の一体で、こぴすの区分上では50-2号地から51号地までの6区画、合計で約4.6haの森林内の下刈りと除伐でした。

<2019/01/16>No.50-41 除伐                            ここの敷地はコナラ等の枯葉が散り敷かれていました。掛り木は主にフェリングレバーで幹を回して倒していましたが、倒れたスギには幹の中が腐っている木もありました。伐採したスギ等は丸太切りして所々に集めています。

a1-DSC_1147.JPG

a2-DSC_1152.JPG a3-DSC_1155.JPG a4-DSC_1144.JPG

<2019/01/24> No.50-2 除伐                             ここは川沿いの遊歩道と河原の間の細長い敷地。除伐対象の木は、河原に落ち込む急斜面沿いに多くありました。

b1-UNI_2543.JPG

b2-UNI_2545.JPG b3-UNI_2552.JPG b4-UNI_2565.JPG b5-UNI_2566.JPG <測量>                                         50-42号地等、除伐を終えた場所では、測量グループがトランシットを使って再確認のため、各々の敷地の測量を行っていました。

c1-UNI_2558.JPG

c2-UNI_2556.JPG c3-UNI_2554.JPG

<2019/01/28> No.50-2 除伐                             1月は晴天続きで雨が降らなかったので、ここ白幡川最上流部は一滴の水もなく枯れていました。この日は、左岸の河川敷に散乱する枯れ竹や竹とアオキの群生を伐採して整理しました。

d1-UNI_2579.JPG

d2-UNI_2580.JPG d3-UNI_2584.JPG d4-UNI_2582.JPG d5-UNI_2583.JPG 1月中は一区画ごとに順次、アズマネザサ等の下刈りを進め、その後に除伐に取り掛かっていたのですが、掛り木等も多くあり手間取ったため、予想外に日数が掛ってしまいました。(ks)
 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!