NPO法人 こぴすくらぶ

2019年5月アーカイブ

スズメバチトラップの設置

| コメント(0) | トラックバック(0)

c1-UNI_3020.JPG 今年も連休前から6月上旬までの間、スズメバチの女王を捕獲して林内でのスズメバチの発生を抑え、ハチ刺され被害を未然に防ぐための「スズメバチトラップ」が設置されました。

c2-UNI_3017.JPG

 焼酎に各種甘味料を加えた液体を入れた2リットルのペットボトルを、こぴすくらぶが整備している森林の内、14の林内の31ヵ所に設置完了したのは4月末でした。以来、週一回のペースで点検予定とのことです。

c3-UNI_3021.JPG

c4-UNI_3023.JPG c5-UNI_3025.JPG 5月13日の点検結果の報告では、14ヵ所・31トラップ全てを点検した結果、82匹のスズメバチを確認、その内の6匹は45mmを超す大型のスズメバチだったそうです。この結果を見ると、ハチ刺され防衛作戦は成功裏に進行しつつあるようです。(ks)

c6-UNI_3026.JPG

 ------------------------------------------------------------------------------------------------

≪ 追 記 ≫

 5月23日(木)の作業報告によると、14ヶ所に設置した31トラップ全てを点検した結果、この日確認した捕獲数は、スズメバチ55匹、オオスズメ女王蜂12匹でした。その結果、この日までのスズメバチの累計捕獲数は193匹、オオスズメ女王蜂の累計は35匹となりました。

 まだ5月なのに、全国的に30℃を超える真夏日が続くなど、今年は異常な暑さです。一気に真夏の陽気がやってきたせいなのでしょうか、スズメバチの発生も早まっているように思えます。ともかく、この点検結果からも、この時期の森林内の作業においては、スズメバチに刺されないようくれぐれも注意して活動する必要がありそうです。森林整備活動をしている皆さんには時々作業の手を止めて周辺にハチの姿がないか確認を怠らないようお願いします。(ks)

UNI_3108.JPG

2019年5月の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

b1-UNI_3010.JPG 5月の初旬、下刈りのために13号地に出掛けたところ、竹林の中にキンランの黄色い花が沢山咲いているのに気付きました。今まで、この場所でこんなに多くのキンランを見かけた記憶がなかったので嬉しい驚きでした。

b2-UNI_3060.JPG

 伐った竹が竹林の隅に放置されていましたが、その竹の上に赤い虫がいたので写真に撮って帰りネットで調べてみたら、ベニカミキリのようで、以下のような記述がありましたので一部を転記させてもらいます。「ベニカミキリは、通常乾燥した竹材の害虫とされていますが、衰弱した竹を加害することもあるから、竹林でも害虫とされています。」(森林総合研究所九州支所定期刊行物九州の森と林業より抜粋)今まで市郊外に散在する数多くの荒れた竹林を皆伐してきましたが、ここ13号地の竹林のみは整備保存しているので、ベニカミキリの確認は少しばかり不安な気分になりましたが、どうなんでしょうか。

b3-UNI_3045.JPG

------------------------------------------------------------------------------------------------

≪ホームグラウンドの13号地で下草刈り≫

b4-UNI_3033.JPG

 まだ5月の初旬というのに13号地の入り口の幹線道路沿いは日当たりが良いせいか、雑草が茂って防護柵も草に覆い尽くされてしまっていました。この日は、この場所と隣接する少し先の12号地の道路際に設置した防護柵の周りを下刈りし、歩道上の雑草も刈り取って清掃を済ませました。

b5-UNI_3031.JPG

b6-UNI_3032.JPG (上の2枚の写真)は、13号地入り口付近の雑草が生い茂る様子を作業前に撮った風景です。

b7-UNI_3040.JPG

b8-UNI_3041.JPG (上の2枚の写真)は、同じ場所の下刈り後の様子です。歩道に沿って設置された防護柵が現れ、道路側も草が刈り取られてスッキリとしました。

b9-UNI_3037.JPG

 (上の写真)は、下刈り整備を終えた12号地の道路沿いの風景です。暑い最中の下草刈りはなかなか見た目以上に厳しいところもありますが、作業した結果がすぐに目に見えて確認できるので励みにもなるのです。(ks)

2019年5月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今月になって元号が平成から令和に改元されたため、2019年5月の画は、記念すべき?令和元年最初のタイトル画となりました。

 ところで風薫る5月、森の中では新緑の若葉が茂り、草木が躍動する季節になりました。これからは日に日に雑草の勢いが増してくる時季、今の内に昨年刈り残した場所の下草を刈り進めているところです。(ks)

510-coppicelogo-2019-005.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!