NPO法人 こぴすくらぶ

2020年3月アーカイブ

見学のおさそい

| コメント(0) | トラックバック(0)

01-CIMG2259.JPG 3月14日(土)に予定した「こぴすくらぶの1日体験活動プログラム」については、東京にお住いの若い女性から参加したいとの申し込みがありましたが、3/14は雨天の予報だったので予定変更をお伝えし、3月28日(土)に実施することになりました。ところが、3月末となったこの日は、降雨予報に加えて、新型コロナの影響による首都圏の外出自粛要請もあることから、今回の1日体験活動プログラムは残念ながら中止とすることになりました。

02-CIMG2306.JPG

≪こぴすくらぶの見学のおさそい≫

 今回の「1日体験活動プログラム」は中止とさせていただきましたが、申込みをいただいた東京の女性宛に兵藤副会長より、折角こぴすくらぶの活動に興味を持って頂いたので、コロナ問題が落ち着いた頃に、こぴすくらぶを見学に来られませんかと、以下のプログラムが提案されました。

<見学プログラム> ----------------------------------------------------------------------

 1. こぴすくらぶのメンバーの実際の作業状況のご紹介

 2. こぴすくらぶのベース基地のご紹介

 3. こぴすくらぶの作業場所(79箇所の一部)のご紹介

<見学日の候補>

 見学日は、こぴすくらぶの作業日(月曜日/木曜日/土曜日)の晴れ予報の日から選んで頂ければ対応させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 以上のことは、森林整備活動を行っているこぴすくらぶに興味を持たれた方々には、是非ともご検討いただきたいと思っていることですので、このHPをご覧いただいている皆様にも合わせてご紹介させていただきます。まだまだ先の見えない新型コロナ問題ですが、早く収束するよう祈っています。森のなかは新鮮な空気に包まれていますよ。(ks)

03-CIMG2254.JPG

 3月初旬に2019年度の作業計画を完了出来たので、3月中旬以降はホームグランドの13号地等で工作用の丸太の皮むき・林内道路の補修・椎茸の菌打ち等、普段なかなか取り組めない作業を行っていました。

04-CIMG2234.JPG

05-CIMG2220.JPG

春の訪れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

1a1-CIMG2158.JPG まだ3月中旬だというのに東京では、冷たい雨が降る14日にサクラ開花宣言が発表され、統計開始以来最も早い開花日となりました。寒い寒いと思っている内に、いつの間にか春の足音が近づいてきたようです。

<フキノトウ>花が咲いてしまって早春の味覚の時期を過ぎてしまいましたが、林縁にはフキノトウとフキの葉が沢山敷き詰められていました。

1a2-CIMG2161.JPG

 こぴすくらぶが拠点にしている13号地の森のフィールドは、中心に昔からの孟宗竹の竹林と雑木林、そして竹林を皆伐した跡地にクヌギとコナラを植林した若木の林に囲まれています。

 3月12日に13号地で作業した際に林内を探索してみると、冬の間は灰色で殺風景だった林の中に草木の芽生えが始まっている様子が見られることに気付きました。この日見つけた春の芽吹きのいくつかを載せてみます。(ks)

<シュンラン>雑木林のアズマネザサが茂る付近に咲いていました。

1b1-DSC_1652.JPG

1b2-DSC_1655.JPG 1b3-DSC_1654.JPG<ヒメオドリコソウ>林縁に敷き詰めたように群生していました。

1c1-CIMG2163.JPG

<ハナダイコン(ムラサキハナナ)>今年もいつもの場所、クヌギ・コナラの若木の林の地面に紫の花が群生していました。

1d1-DSC00145.JPG

1d2-DSC00139.JPG<コブシ>市内の雑木林が1本のコブシの白い花で明るくなっていました。

1e1-DSC00088.JPG

1e2-DSC00086.JPG

2020年3月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

510-coppicelogo-2020-003.jpg この季節になると、嘗て船橋市郊外のいろいろな場所や森で植林したことを思い出します。そのほとんどが荒れた竹林を皆で苦労しながら皆伐して整備した跡地でした。一番最初に植林したのはマツでしたが、以降はスギやヒノキの針葉樹、それにクヌギやコナラの広葉樹も植えています。それらも今では背丈を超える程の木々に育っています。(ks)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

Dsc01427+1W510.jpg

 (上の写真)2006/3/18 植林終了直後の風景

 こぴすくらぶが最初に植林したのは2006年3月、アズマネザサが茂る広い空き地(3号地)を下刈りして整備した後に、植樹祭を開催して100人以上の参加者によって2000本以上の抵抗性マツが植えられた時でした。

 (下の写真)2018/3/15 除伐時の風景

 それから12年後の2018年3月に撮った風景です。マツも大きく育って立派な松林になりました。抵抗性マツとはいえ、マツ枯れの木が皆無とは言えないので除伐や枝打ちの際などに枯木の始末も実施しています。(ks)

P1016937.JPG

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!