NPO法人 こぴすくらぶ

2020年5月アーカイブ

 こぴすくらぶ では、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、国の緊急事態宣言に基づき、4月初旬から作業を中断していましたが、5月11日より今年度の森林整備活動を再開しました。

 今までになく長い期間のブランクのため、さすがに体力の低下を実感する日々でしたが、怪我のないよう注意して励んでいます。再開後の作業日の中から三日分の様子をまとめてお伝えします。

《2020年5月14日(木) 11号地 除伐 (スギ植林地の下刈り》

a1-CIMG2406_20200514.jpg《5月14日(木) 60号地 除伐 (台風被害で折れたり、傾いた大木の伐採)》

b1-CIMG2442_20200514.jpg《5月14日(木) 60号地 伐竹 (敷地内の一画にある竹林の皆伐)》

c1-CIMG2452_20200514.jpg《2020年5月21日(木) 60号地 除伐》 枯れ木の伐採

d1-P1010414_20200521.jpg《5月21日(木) 60号地 伐竹 (竹林の皆伐と境界沿いの竹林の間伐)》

e1-P1010434_20200521.jpg《2020年5月25日(月) 12号地 下刈り (防護竹柵周辺の下刈り、ゴミ収集)》

f1-CIMG2472_20200525.jpg《5月25日(月) 29号地 下刈り (ヒノキ植林地の下刈り)》

g1-CIMG2505_20200525.jpg 5月11日より作業を開始しましたが、5月中の天候は不安定で、11日から25日までの間に7日間計画されていた作業予定日の内の3日間は雨で中止となってしまいました。予想もしなかったコロナウィルスの感染拡大でしたが、5月になってから25℃以上の夏日になったり、急に朝晩が冷え込んだりして、近年の天候不順も心配の種です。とにかく、今年度の活動が始まったばかり、体調管理に気を付けて励んでいこうと思います。(ks)

22号地の植林地を散策する

| コメント(0) | トラックバック(0)
c1-DSC_0025.JPG
<こぴすくらぶ では、新型コロナウィルスの拡散防止に協力して先月より活動を休止してきましたが、いよいよ5月11日から整備活動を再開しました。活動の様子は随時報告させていただきます。>

 今回は、活動休止中の先週に、前回の5号地に続いて22号地の雑木林に出掛けて誰もいない林内を歩いてきた時のお話しです。

c2-DSC_0033.JPG この場所は、初めて整備に取り掛かった11年前は、長年の間手入れされなかった竹林でした。それを何日もかけて皆伐しました。女子メンバーも男子と同様に、太い孟宗竹を伐って、運び、所々に積み上げて整備したのです。

c3-DSC_0039+1.jpg その頃の荒れた竹林の景色を思い返すと、現在の青葉、若葉が萌えだした明るい雑木林の風景は、格段と気持ちよい空間になっています。林床を見下ろしながら歩いていて、ふと目の前の木を見たら、枝の上にアオガエル?を発見。そーっと近寄ってぐるりと回って写真を撮っている間もカエルくんはじっとしていてくれました。

c4-DSC01035.JPG 林床にはスミレやホウチャクソウ、ウラシマソウなども見られました。下刈中にいろいろ見てきたので、これから季節が進むともっとたくさんの野草の花が見られると思います。

c5-DSC01025+3.jpgc6-DSC_0037.JPG これから夏に向かって、木々の葉は緑を深め、雑草の生育は益々勢いを増して、下刈に追われる季節が始まります。(ks)

c7-DSC_0026.JPGc8-DSC_0040.JPG--------------------------------------------------------------------------------------------------
    《2009年3月に22号地で植樹祭を実施》 (当時の写真で振り返る)

c9-CIMG0345_20090315植樹祭.jpg 今から11年前の2009年3月15日に、竹林伐採跡地の22号地で植樹祭を開催しました。前日の雨で順延したこの日は、快晴の空のもと、親子連れを含む大勢の人が集まり、メンバーが予め測って植える位置に竹棒を立てておいた場所に、用意したシャベルや鍬で穴を掘ってコナラやクヌギが植えられました。子供たちも両親と一緒に穴を掘るなど喜んでお手伝いしていました。植樹祭当日の写真には伐採した竹を積み上げた棚が所々に見られますが、これらは数年後には朽ち果てていました。
 この日の昼食では、女性たちが大鍋で作った沢山の具入りの汁が振舞われました。午後からは前日に運んでおいた1m位に切ったコナラに参加者が交代でドリルで穴をあけ、シイタケ菌を打ち込んで作ったホダ木を持ち帰ってもらいました。
 それにしても、11年前に植えた30cmくらいの苗木が、現在では散策した上記の雑木林に育ち、若葉が映える風景になっていることはうれしい限りです。(ks)

2020年5月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)
 4~5年振りに整備しようとする森林の林床にはアズマネザサが密生し、常緑の低木が生い茂る暗い森になっていることが多いようです。アズマネザサは地下茎で増えるので放っておくと背丈を超えるほど成長し、太くなった茎は刈り払うのも困難になってきて、中に入ることさえ難しいほど密生します。里山の植生の多様性を維持するためには、この時期のササ刈りは欠かせません。それだけに、数人がかりで刈払い機を使って下刈りをしていくと、次第に見通しがきくようになり、明るくなった林内の風景が見違えるほど気持ち良い空間になっていくのが分かります。(ks)

510-coppicelogo-2020-005.jpg-------------------------------------------------------------------------------------------------
<お知らせ>
 こぴすくらぶ は、緊急事態宣言の解除が出るまで作業は中止としてきました。

 5月5日付で国の緊急事態宣言の延長が表明され、千葉県は特定警戒都道府県のままの位置づけでしたが、公園については感染防止策を講じることを前提に再開が容認されたため5月11日(月)から作業を開始することになりました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

b1-DSC_0008.JPG
 こぴすくらぶ は、船橋市郊外に散在する60以上の森林(もり)を年ごとに整備計画を立てて順繰りに整備作業を進めています。今年は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、4月初旬から作業を中断していますが、この季節の森では若葉が萌え、林床の草花が次々と花開く時期なので、例年なら作業中に森の草木の様子をワクワクしながら楽しんでいたのでとても残念に思っています。

b2-DSC_0017.JPGb3-DSC01003.JPG こぴすくらぶ が整備している森林の多くは、スギ・サワラ等の針葉樹と広葉樹が混在する針広混交林です。その他は多数の竹林がありましたが、それらのほとんどは竹を皆伐した後に植林した若木の林になっています。なので、落葉樹の雑木林は数えるほどしかありませんが、若葉が生えだした若草色の雑木林は明るく、雑草も伸びだした頃なので、林内を歩き回りたいと思うのです。

b4-DSC_0020.JPGb5-1-DSC01006+3.jpg そんな訳で、4月末の上天気の日に、数少ない雑木林の5号地に出掛けて、草木の様子を眺めてきました。林内の野草の花の種類は思ったより少なかったのですが、驚いたのはキンランの黄色い花が辺り一面咲き誇っていたことでした。この林は過去に何度か下刈に入ったことがありますが、キンランがこんなに沢山咲いているのは見たことがありません。この前ここを下刈したのは2018年10月だったので、その影響があるのかもしれません?それにしてもなんて贅沢な眺めだろうと、同行した妻とともに感謝しつつこの景色を堪能してきました。

b6-DSC_0009.JPG 昨年の秋の台風で折れた木がここにもありました。

b7-DSC_0002.JPG 5号地に着いたとき、道端に1台の車が止まっていて音楽が聞こえてきました。先着のこの人は、こぴすくらぶ のメンバーではありませんでしたが、林内でアコーディオンの練習をしていたのです。お話を伺うと、この林は静かで、林内の日陰は涼しくて気持ちよく練習できるからとのことでした。確かに林内に響くアコーディオンの音色は雑木林を不思議な空間に変えてくれるように感じました。

b8-DSC_0023+1.JPGb9-DSC_0022.JPG 帰り道、幹線道路に向けて走り始めて角を二つ曲がったところで、慌ててブレーキを踏みました。道路の真ん中を、キジが悠然と歩いていたのです。慌ててコンパクトデジカメで撮った後もキジはどいてくれません。もう少しだけ近寄って撮ろうとソロソロと走り出した途端に脇の竹やぶに入ってしまいました。先ほどいた5号地の林内を歩いていた時、ケン・ケーンというキジの鳴き声を聞いていたのですが、帰りの道路で出会えるとは思っていなかったのでラッキー!(この写真の左上に貼り付けたキジの写真)は、別の日・別の場所で散歩中に出会ったキジくんです。(ks)

b10-DSC01014+キジ.jpg


 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!