NPO法人 こぴすくらぶ

2020年6月アーカイブ

竹柵(防護柵)の材料づくり

| コメント(0) | トラックバック(0)
b0-P1018044.JPG
 こぴすくらぶ では、整備している森の道路沿いの何ヶ所かの林縁に、伐採竹を利用してゴミ捨て防止の竹柵(ポイ捨てを防ぐという意味で防護柵と呼称)を設置してきました。使用する材料は真竹なので、ここ60号地でも伐った竹を竹柵材料に加工する作業を行いました。

b1-P1018040.JPGb2-P1018048.JPGb3-P1018041.JPG 4~5mに伐った真竹を、鋳物製両手竹割工具を使って2人がかりで四つ割りにしていきます。
 取っ手を持った2人が走って割っていきます。走らなくてもいいですが、勢いよく進んだ方が節の部分を割りやすいためです。結構、いい運動になるので何回も走ったら交代しながら進めています。

b4-P1018046.JPGb5-P1018039.JPGb6-P1018054.JPG 四つ割した竹は、両刃鉈を使って節を落とします。面倒ですがこうしておくと、設置するときに曲げやすくなりセットし易くなるからです。(ks)

----------------------------------------------------------------------------------------------

《古くなった防護柵の取り換え》

c1-P1002141+1.jpg 設置した防護柵の割竹は自然素材のため、残念ながら5年位で枯れて折れたり割れたりで傷みが出てくるので取り換える必要が出てきます。そのため、過去に設置した竹柵の取り換えも順次実施していますが、最近では整備している市内の森に侵入していた竹林の整備が進んだ結果、真竹の材料調達が年々難しくなってきました。(ks)

(上左の写真)枯れて傷んだ竹の撤去。
(上右の写真)支柱杭をチェックして腐った杭は取り換える。

(下左の写真)支柱間に新しい竹を組み上げていく。
(下右の写真)修復が完成した42号地の防護柵。

c2-P1002179+1.jpg

2020年6月の定例作業

| コメント(0) | トラックバック(0)
k1-CIMG2592.jpg
k2-CIMG2536+1.jpg
 6月からは60号地と並行して12号地の除伐も始まり、2ヶ所に分かれて整備作業を進めていましたが、6月中旬には予定していた作業を終えることができました。まだ6月だというのに、もう真夏の暑さが始まっています。新型コロナに加えて熱中症の心配も加わってきました。

 12号地は約1haの森林ですが、幹線道路に面した一辺の長さは約30mなので奥行きは300m以上と細長い敷地です。今は森が新緑に包まれて一番きれいな季節なんですが、数年ぶりに下刈に取り掛かろうと林縁から眺めると、アズマネザサや雑草と低木で覆われていて、下草を除かないと林内に足を踏み入れるのも困難な状況です。刈払機を使って数人がかりで下刈を進めていくと、あれほどびっしりと地面を覆っていた雑草がなくなり、林内の風景が見えるようになってきました。
(左上の写真)作業前の林縁風景、(左下の写真)下刈後の同じ場所の風景

k3-CIMG2577.JPG---------------------------------------------------------------------------------------------------
<60号地の竹の伐採>

a1-CIMG2608.JPG 60号地における後半の作業は、北側境界沿いの斜面に生える竹を皆伐ではなく、間隔をあけて残す間引き伐採でした。狭い斜面に密集した竹の伐採作業は予想より困難、伐った竹が傍の人に当たらないよう互いに注意しながら進める必要がありました。

a2-CIMG2609.JPGa3-CIMG2611.JPG この場所で伐っている竹は真竹なので、竹柵の材料として利用できます。こぴすくらぶでは、真竹を加工して防護柵を作っています。次回に、竹柵材料の準備の様子をお伝えします。(ks)

a4-CIMG2621.JPG

2020年6月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)
 6月は「梅雨の月」というのが季節感があっていいからと、ここ数年はこれをテーマにして描いてきましたが、近年は温暖化の影響なのか、関東の梅雨の雨の定番であった、しとしと雨が長く続く天候はどこかに行ってしまって、まだ6月なのに真夏日になったと思うと、いきなり雷を伴った土砂降りが襲ってくるという有様。もう、6月の作業風景に、しとしと雨を降らせるのはそぐわなくなってしまったと感じています。(ks)
510-coppicelogo-2020-006.jpg
------------------------------------------------------------------------------------------------
  <季節の花の風景>

 60号地の広い敷地内にある所有者さんの家の庭には、今月になって色とりどりの花が咲き乱れているミニフラワーガーデンがありました。余りにきれいだったので写真を撮らせてもらいました。(ks)

DSC00118s.jpgDSC00122s.jpg

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!