NPO法人 こぴすくらぶ

こぴすロゴ

 私たち「こぴすくらぶ」は、千葉県船橋市の郊外に点在する数多くの小さな森林(もり)を整備しているNPO(特定非営利活動法人)の団体です。

何年も手入れされない暗い森、草ぼうぼう、笹や竹に覆われゴミだらけの荒れた林を、みんなが気持ちよく歩ける森、鳥や昆虫が住める林になるように、市民の有志が力を合わせて、森林(もり)の整備を行っているボランティアグループです。

※「こぴす(coppice)」とは、木の切り株から芽が出ることや、雑木林を意味します。

春の訪れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

1a1-CIMG2158.JPG まだ3月中旬だというのに東京では、冷たい雨が降る14日にサクラ開花宣言が発表され、統計開始以来最も早い開花日となりました。寒い寒いと思っている内に、いつの間にか春の足音が近づいてきたようです。

<フキノトウ>花が咲いてしまって早春の味覚の時期を過ぎてしまいましたが、林縁にはフキノトウとフキの葉が沢山敷き詰められていました。

1a2-CIMG2161.JPG

 こぴすくらぶが拠点にしている13号地の森のフィールドは、中心に昔からの孟宗竹の竹林と雑木林、そして竹林を皆伐した跡地にクヌギとコナラを植林した若木の林に囲まれています。

 3月12日に13号地で作業した際に林内を探索してみると、冬の間は灰色で殺風景だった林の中に草木の芽生えが始まっている様子が見られることに気付きました。この日見つけた春の芽吹きのいくつかを載せてみます。(ks)

<シュンラン>雑木林のアズマネザサが茂る付近に咲いていました。

1b1-DSC_1652.JPG

1b2-DSC_1655.JPG 1b3-DSC_1654.JPG<ヒメオドリコソウ>林縁に敷き詰めたように群生していました。

1c1-CIMG2163.JPG

<ハナダイコン(ムラサキハナナ)>今年もいつもの場所、クヌギ・コナラの若木の林の地面に紫の花が群生していました。

1d1-DSC00145.JPG

1d2-DSC00139.JPG<コブシ>市内の雑木林が1本のコブシの白い花で明るくなっていました。

1e1-DSC00088.JPG

1e2-DSC00086.JPG

2020年3月のタイトル画

| コメント(0) | トラックバック(0)

510-coppicelogo-2020-003.jpg この季節になると、嘗て船橋市郊外のいろいろな場所や森で植林したことを思い出します。そのほとんどが荒れた竹林を皆で苦労しながら皆伐して整備した跡地でした。一番最初に植林したのはマツでしたが、以降はスギやヒノキの針葉樹、それにクヌギやコナラの広葉樹も植えています。それらも今では背丈を超える程の木々に育っています。(ks)

--------------------------------------------------------------------------------------------------

Dsc01427+1W510.jpg

 (上の写真)2006/3/18 植林終了直後の風景

 こぴすくらぶが最初に植林したのは2006年3月、アズマネザサが茂る広い空き地(3号地)を下刈りして整備した後に、植樹祭を開催して100人以上の参加者によって2000本以上の抵抗性マツが植えられた時でした。

 (下の写真)2018/3/15 除伐時の風景

 それから12年後の2018年3月に撮った風景です。マツも大きく育って立派な松林になりました。抵抗性マツとはいえ、マツ枯れの木が皆無とは言えないので除伐や枝打ちの際などに枯木の始末も実施しています。(ks)

P1016937.JPG

CIMG1978文字入り.jpg

 

私たち「こぴすくらぶ」は、千葉県船橋市の郊外に点在する数多くの小さな森林(もり)を整備しているNPO法人(特定非営利活動法人)です。

 

こぴすくらぶは、平成171月に設立、翌平成181月にNPO法人化した団体です。こぴすくらぶの名前は、英語のCOPPICEに由来した、「切り株から萌芽する:ひこばえ」が、森林を次世代へ引き継ぐの意を込めて命名しました。

メンバーは、現在40名(内女性5名)、年齢は36歳~80歳(平均69歳)の構成です。活動の場所は、アンデルセン公園の周辺と船橋県民の森を中心とした船橋市北部の79箇所に点在する総面積約90haの森林です。

 

 この度、船橋の森林をもっときれいにすることを具体化するための一日体験プログラムを用意いたしました。

  この機会に是非とも体験頂き、こぴすくらぶでご一緒に活動を続けて頂ければと思います。

  

 ~ こぴすくらぶ一日体験活動プログラム ~

 

・募集人員:

 

 先着10名様( 申込締切り → 3月5日(木))

 

・実施日:

 2020年(令和2年)3月14日(土)900分~1415

         (雨天中止は前日17時までに連絡)

・会  場:

 こぴすくらぶの作業場所No.13-3 船橋市神保町251

      (バス停: 小室線 特定支援学校入口)

 

・駐車/集合場所:(会場と同じ)

 

・活動時間: 9:001230

 

・体験内容:

 

(1)こぴすくらぶ現場作業紹介                  915930

(2)手鋸を使った伐採              9301015

(3)刈払機を使った下刈り           10301115

(4)伐採の見学とチェンソーを使った玉切り実施 11301215

(5)刈払機とチェンソーの分解掃除       12151230

 

                 昼食 : 12:30~13:15

                                 懇談 : 13:15~14:15

 

・持ち物 :

昼食、飲物 / 服装(作業できる服装:長袖、長ズボン、皮手袋、防寒具、ヘルメット、防護メガネ、長靴できれば安全靴)

(注)準備不可の場合は、相談下さい

 

・参加費 :

無料です。参加の皆さんには、当方負担でスポーツ保険をおかけします。

 

--------------------------  ≪ 参加ご希望の方へ ≫  --------------------------

 

 以下の申込書の内容を明記して、Eメールにてお申込みください。

 

・宛先 : 

船橋市山手22-1-507  NPO法人こぴすくらぶ  副会長 兵藤 寛

(電話:0 9 0 - 8 0 1 2 - 9 2 6 1)   E-mail hyodohrs@nifty.com

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

       こぴすくらぶ一日体験活動プログラム参加申込

 

おなまえ(フリガナ):

 

姓名             年齢   性別   (スポーツ保険を掛けます)

 

おところ 

  

お電話  

 

(ご自宅)               (緊急連絡用)

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

*多数のご応募お待ちします。(記 ks)

 

--------------- <こぴすくらぶ一日体験活動の案内図> ---------------------

 

 当日は、県道からの入口に、こぴすくらぶの会員がヘルメット・青チョッキ姿で待機しております。

 

 バスで来られる方:

JR船橋駅北口又は新京成駅前から、小室行またはセコメデック病院行で「特別支援学校前」下車後すぐ。

 

案内写真W510a.jpg

 <集合場所入口の写真>案内写真W250.jpg

 

 

バス停/特別支援学校前の小室方面、約100mほど前方、竹柵のなかです。

 ●TOPページへ
 ●活動スケジュール

月別記事

最近のコメント

NPO法人こぴすくらぶ
基本データ情報

【e-mail】
ng270038-8695@tbn.t-com.ne.jp
【会員数】現在33名!!